メインメニューを開く

人吉球磨スマートインターチェンジ

人吉球磨スマートインターチェンジ(ひとよしくまスマートインターチェンジ)は、熊本県人吉市にある九州自動車道スマートインターチェンジである。1989年から1995年まで仮供用されていた人吉仮出入口の跡地を一部踏襲する形で建設された。本線直結型であり、利用可能車種はETC搭載の全車種で24時間運用[1]。上下線ともに出入可である[1]

人吉球磨スマートインターチェンジ
所属路線 E3 九州自動車道
IC番号 19-1
本線標識の表記 人吉球磨
起点からの距離 255.8 km(門司IC起点)
人吉IC (3.8 km)
(16.1 km) えびのPA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0219.svg国道219号
供用開始日 2019年令和元年)8月10日
所在地 868-0045
熊本県人吉市浪床町
テンプレートを表示

供用開始に合わせ、南側に設置されている人吉南バスストップも移転する見通しとなっている[2]

道路編集

接続する道路編集

直接接続編集

  • 市道 スマートインターチェンジ第1号線(上り線)
  • 市道 スマートインターチェンジ第2号線(下り線)

間接接続編集

周辺情報編集

歴史編集

  • 2009年平成21年)3月5日:「人吉・球磨スマートインターチェンジ整備促進協議会」発足[3]
  • 2014年(平成26年)7月25日:新規採択[3]
  • 2014年(平成26年)7月29日:国土交通大臣に連結許可申請書提出[3]
  • 2014年(平成26年)8月8日:連結許可[3]
  • 2018年(平成30年)7月10日 : IC名称が「人吉球磨スマートIC」で正式決定[4][5]
  • 2019年令和元年)8月10日:供用開始[1]。同日、道の駅人吉が開駅し、国土交通省の社会実験事業として、高速道路一時退出実験の試行開始[1]ETC2.0搭載車に限定して、当スマートICで流出し、道の駅人吉に立ち寄り後、1時間以内に当スマートICから再流入して順方向に利用の場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される[1]。)

編集

E3 九州自動車道
(19)人吉IC/TB(廃止) - (19-1)人吉球磨スマートIC - 人吉仮出入口(廃止) - えびのPA - (20)えびのIC

脚注編集

  1. ^ a b c d e 令和元年8月10日(土曜)にE3九州自動車道『人吉球磨スマートインターチェンジ』が開通します 道の駅「人吉」が開駅します 一時退出の社会実験がスタートします(人吉球磨スマートIC⇔道の駅「人吉」)”. 国土交通省九州地方整備局・人吉市・人吉・球磨スマートインターチェンジ整備促進協議会・西日本高速道路株式会社 (2019年6月28日). 2019年6月28日閲覧。
  2. ^ 「人吉球磨スマートインターチェンジ(仮称)」の連結許可について 錦町 2014年9月5日付
  3. ^ a b c d 人吉球磨スマートインターチェンジ整備事業について”. 人吉市. 2014年10月2日閲覧。
  4. ^ 九州自動車道の新インター、名称は「人吉球磨」”. 熊本日日新聞 (2018年7月11日). 2018年7月27日閲覧。
  5. ^ 「人吉球磨」に名称決定 リーフレットでPRへ”. 人吉新聞 (2018年7月11日). 2018年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集