メインメニューを開く

仁鶴・たか子の夫婦往来』(にかく・たかこのふうふおうらい)は、毎日放送MBSテレビ)で放送されていた視聴者参加のトーク番組である。

仁鶴・たか子の夫婦往来
ジャンル トーク番組
出演者 笑福亭仁鶴
岡本たか子
制作 毎日放送
放送
放送期間 1974年4月 - 1976年9月
放送時間 土曜22:30 - 23:15→土曜23:30 - 翌0:00→土曜12:00 - 12:30
放送分 45→30分
テンプレートを表示

目次

概要編集

1974年4月放送開始[1]。開始当初は45分番組だったが、1975年ネットチェンジによる編成の変更で30分番組[2]となった。

番組は、笑福亭仁鶴岡本たか子夫妻が司会進行を担当し、視聴者から公募された夫婦をスタジオに招き、夫婦や家族の円満ぶりやオノロケなどについての対談を行っていた。また番組冒頭では仁鶴・たか子夫妻によるミニ漫才も行われていた[3]

番組開始当初はいわゆる「ネット腸ねん転」と呼ばれていた時代で、関東地区では当時NETテレビ(日本教育テレビ。現・テレビ朝日)とともにクロスネット局関係にあった東京12チャンネル(現・テレビ東京)にネットされたが、腸ねん転解消後1975年4月以後は東京放送(現・TBSテレビ[2] [4]にネットされたほか、その他の地域にも番組販売などで放送された地域があった。1976年9月終了[2]

主なスタッフ編集

ネット局編集

脚注編集

  1. ^ a b MBSがJNN系列に移行してからも、協賛社の都合により1年間はTNCのままで放送し、1976年4月からRKBに変更された

関連項目編集

出典編集

関連項目編集

東京12チャンネル 土曜22:30 - 23:15枠
前番組 番組名 次番組
夜の大行進
(22:30 - 23:25)
仁鶴・たか子の夫婦往来
(1974.4 - 1975.3)
TBS 土曜23時台後半枠
土曜ロードショー
(23:30 - 0:56)
仁鶴・たか子の夫婦往来
(1975.4 - 9)
TBS 土曜正午台前半枠
仁鶴・たか子の夫婦往来
(1975.10 - 1976.3)
【当番組までMBS制作】
レッツゴー銀座
【ここからTBS制作枠】