番組販売(ばんぐみはんばい)とは、放送事業者または番組制作会社などが、制作した放送内容(番組素材)を販売すること。日本では「番販」と略して称されることもある。

目次

概説編集

番組および素材も著作権法に基づく「著作物」であるため、各放送事業者や番組制作会社などは、著作権の保護期間が許す限りこれを第三者に販売し、利益を上げることができる。「ネット受け」なども番組販売になるが、日本では通常、記録媒体(磁気テープ、光磁気ディスク、フィルムなど)によるものを示す。

放送事業者同士(キー局ローカル局間など)での売買においては、「番組交換基準」すなわち記録媒体や記録の方法などについて取り決めがなされており、テレビではD2-VTR用テープやHDCAMテープ・XDCAMなど、ラジオではオープンリール用の6ミリテープやMOコンパクトフラッシュなどを用いて販売される。放送局のファイルベース管理へ移行に伴いオンライン入稿が使われることもある[1]。近年は。一般への販売については 、」各放送事業者や番組制作会社などの判断により行われる[2]

番組販売は普通の買い物と変わらず、ローカル局が「放映権料」などの形で制作局に支払う形となっている(詳細:各キー局・子会社のWebサイトの番販説明のページより)。

番組販売の例編集

  • キー局などの放送事業者が制作した番組を販売する。
    • 一度放送した番組の再放送で、放送事業者に放送権料を支払う場合。
  • 番組製作会社が製作した番組を地方局に直接販売する。[3]
  • 放送事業者や番組制作会社が、放映権の販売を扱う子会社[4]に権利委託し、ローカル局や国外の放送事業者へ販売する。
  • 「放送事業者が権利を有しない番組」や、放送期間終了後に「番組制作会社」に放映権が移管されたものなど。ドラマやテレビアニメなどが該当する。放送事業者で自社の系列外の番組が再放送される場合、その番組は放映権販売会社からの購入番組であることが多い(放映権が「番組制作会社」に移管されたアニメなど)。
  • オンラインの番組データベースを活用した番組販売。[5]
  • 放送番組センターが教育・教養系のテレビ番組の放送権を得て、放送局に貸し出す。
  • NHKや地方の民放局などで放送する海外ドラマの買い付け。
  • 番組自体ではなく、そのフォーマットを海外の放送局に販売する(主にバラエティ番組。番組フォーマットも参照)[6]

「ローカル局が番組販売で買い取る」のとは逆に、製作委員会側やテレビショッピングの運営会社などが放送局の番組枠を買い取り(スポンサーをつけ)、放送する方式も存在する。

しかし、この方式ではローカル局でテレビショッピングインフォマーシャル)が大量に放送されることになるため、「広告放送と変わらない」として問題化しており、総務省はこれらを「広告放送」とみなし、一定の割合以上になった場合は放送局の免許を取り消したり、免許申請を受け付けないとする方針に転じた。

番組販売の移行編集

売られている番組を購入するか否かは、あくまで各放送局が予算を見ながら判断し、売る側が最初から売り先を決めているわけでないため、予算の乏しいローカル局での放送が困難であり、全国で放送できないリスクが常に存在する。 このため、近年のテレビのデジタル化や衛星放送(BSデジタル放送)の普及に伴い、売る側が全国放送を希望する場合、売り先を地上波のテレビ局ではなく、BSまたはCSデジタル放送局に切り替える動きが出てきている。

衛星放送は衛星と機材(110°CS・BSチューナー内蔵のブルーレイレコーダー、110°CS・BSパラボラアンテナなど)を揃えればほとんどの市・町・村で視聴できる強みがあるため、ローカルスポンサーの確保に苦労するローカル局や、コンテンツの確保に苦労する衛星放送局側と、より少ない経費で確実に全国をカバーしたい売り手側との思惑が一致すれば、地上波から衛星波への移行が行われる。

ワイド中継は基本的には関東、KEIBAワンダーランドは東海以西の大都市圏の一部独立局をカバーするだけであった。このため中央競馬の施行者(主催者)であり、かつ両番組のメインスポンサーでもあった日本中央競馬会は、地上波在京キー局が放送せずテレビ全国放送がCS(※現在はBSでも放送中)(グリーンチャンネル)だけとなっている時間帯の(CS・BS以外の)民放によるカバーエリアを広げるため、地上波独立局での中継を原則としてBS11に移行する方針を決めた。この結果、ワイド中継とKEIBAワンダーランドは共に2010年(平成22年)12月最終週限りで終了となり、2011年(平成23年)1月5日の新春競馬開催から、BS11での放送が本格的にスタートした。
2011年1月以降、両番組をネットしていた地上波各局も、BS11の中継を「JRA競馬中継」として14:00-15:00に限ってネットするほか、関東では午後4時台に限って千葉テレビ放送制作による競馬中継(『LIVE&REPORT 中央競馬中継』)が行われていた。しかし、同番組は2012年5月で終了し、実況を取り止めて金曜の競馬情報番組としてリニューアルされた(『金曜競馬CLUB』)。一方近畿では、BS11への移行と同時に午後4時台の競馬中継は事実上打ち切りとなり、BS放送を受信できない世帯では、同時間帯の競馬中継はラジオ(ラジオ関西;土曜日、MBSラジオラジオ大阪;日曜日)のみになった。
『KEIBAワンダーランド』は他地域の地上波民放各社でも放送されていたものの、それはテレビ東京から他系列局にネットされている『ウイニング競馬』相当としての扱いであり、放送時間帯も土曜15時台に限られていた。
市川生前の冠番組としてその死後も地上波のテレビ局に販売されていたが、2010年9月に終了。翌月から新番組としてBS朝日での放送に移行した。
2008年(平成20年)以降地上波とBS11での並行放送となっていたが、2010年いっぱいで地上波で放送する局が2局に激減。 さらに2011年4月改編で、地上波での放送は奈良テレビ放送だけとなった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集