メインメニューを開く

今井 優子(いまい ゆうこ、1985年8月3日 - )は福岡県出身の日本柔道家。70kg級の選手。身長162cm。血液型はB型。段位は四段。組み手は右組み[1]。得意技は一本背負投大腰[2][3]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界団体
2012 サルヴァドール 70kg級
嘉納杯
2008 東京 70kg級
グランドスラム・東京
2012 東京 70kg級

目次

経歴編集

柔道は4歳の時に高槻柔道クラブで始めた[2]敬愛中学から敬愛高校へ進むと、3年の時に金鷲旗で2位、全日本ジュニアの70kg級では3位になった[2]東海大学に進むと、1年の時には優勝大会全日本ジュニアで優勝を飾った。学生体重別アジアジュニアでは3位だった[2]。2年の時には優勝大会で2位にとどまると、学生体重別と講道館杯では3位になった[2]。3年の時には優勝大会と学生体重別で2位、講道館杯で3位だった[2]。4年の時には選抜体重別で3位に入ると、優勝大会では3年ぶりの優勝に貢献した。学生体重別では淑徳大学4年の國原頼子を破って優勝した[2]。2008年には了徳寺学園の職員になると、実業個人選手権ではこの年から3連覇を達成した。講道館杯では決勝で國原に敗れて2位だった。嘉納杯では3位になった[2]。2009年の全日本選手権では準決勝で北京オリンピック78kg級代表である綜合警備保障中沢さえに有効で敗れるも3位入賞を果たした。講道館杯でも3位だった[2]。2010年には世界ランキング対象大会となるワールドカップ・ソフィアで優勝すると、国体成年女子の部でも千葉県代表として優勝に貢献した。講道館杯では3位だった。また、この年には東海大学の大学院を終了した[2]。2011年のユニバーシアード個人戦では準決勝でオランダのキム・ポリングに敗れて3位だったが、団体戦では優勝を飾った。講道館杯では決勝で三井住友海上上野巴恵を指導2で破り、ようやくシニアの全国大会で初優勝を飾った[2]。2012年の選抜体重別では3位となった。実業個人選手権では2年ぶり4度目の優勝を飾った。世界団体では決勝の中国戦で陳飛に有効で敗れたが、大将戦で大学の3年後輩である田知本愛秦茜を技ありで破ったことで、チームは優勝を飾った。続くグランドスラム・東京では3位になった[2]。2013年の国体成年女子の部では3年ぶりの優勝を果たした。2014年の選抜体重別で3位になると、国体成年女子の部では2年連続3度目の優勝を飾った。なお、国体において11勝1敗と際立った活躍を見せたことから、千葉県チームの監督で了徳寺学園コーチの金丸雄介から「国体の女王」と呼ばれることになった[2][4]

主な戦績編集

(出典[2]JudoInside.com)。

テレビ出演編集

DVD出演編集

脚注編集

  1. ^ 「柔道全日本強化選手名鑑 2014」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年4月号
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「入門! 一流の技術 一本背負投」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年7月号
  3. ^ 「入門! 一流の技術 大腰」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年8月号
  4. ^ 「第69回国民体育大会柔道競技」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年12月号
  5. ^ 炎の体育会TV

外部リンク編集