メインメニューを開く

伊藤 君子(いとう きみこ、1946年7月11日[1] - )は、ジャズシンガー香川県小豆島町生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。UENO JAZZ INへ出演。

伊藤君子
生誕 (1946-07-11) 1946年7月11日(73歳)
出身地 日本の旗 日本香川県小豆島町
学歴 武蔵野美術大学
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器
公式サイト Kimiko Itoh official website

目次

来歴編集

4歳のとき、ラジオ番組から流れる美空ひばりの歌声に魅了され、歌手を志す。1982年、ポップ演歌歌手としてデビューする。その後、ジャズピアニストとの出会いをきっかけに、ジャズシンガーの道へ進み1984年4月より半年間ニューヨークに滞在しクラブ「サットンズ」に出演した[2]

1987年にエディ・ゴメス『Power Play』(EPIC / SONY)の録音に参加した。

1989年、日米同時リリースされたアルバム『Follow Me』が米ラジオ&レコード誌のコンテンポラリー・ジャズ部門の16位にチャート・イン(日本人女性歌手で初)[2]

2004年、押井守監督の映画『イノセンス』主題歌を歌い話題となる。

音楽編集

アルバム
  • 1982年 『バードランド (THE BIRDLAND)』
  • 1986年 『ア・タッチ・オブ・ラブ (A TOUCH OF LOVE)』
  • 1989年 『フォロー・ミー (FOLLOW ME)』
  • 1993年 『STANDARDS MY WAY』
  • 2000年 『KIMIKO』
  • 2004年 『一度恋をしたら (Once You’ve Been In Love)』
  • 2007年 『JAZZDAGA?JAZZDAJA!』(津軽弁のジャズ)インディーズ発売
ミュージッククリップ

賞歴編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小曽根真 伊藤君子|village”. 2008年4月13日閲覧。
  2. ^ a b 伊藤君子プロフィール”. 2009年4月12日閲覧。

外部リンク編集