伊藤治明

伊藤 治明(いとう はるあき、1952年2月3日 - )は北海道河西郡中札内村出身のフリーアナウンサー

いとう はるあき
伊藤 治明
プロフィール
出身地 北海道河西郡中札内村
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1952-02-03) 1952年2月3日(65歳)
血液型 O型
最終学歴 立命館大学文学部卒業
職歴 北海道文化放送編成局アナウンス部(2007年5月早期退職)
活動期間 1975年 -
ジャンル 報道スポーツ番組
配偶者 あり
出演番組・活動
過去 本文参照

目次

来歴・人物編集

北海道帯広三条高等学校を経て、立命館大学文学部哲学科心理学専攻に進学。学生時代には公営競技の実況をアルバイトで務めたことがあり、大学卒業後の1975年北海道文化放送(UHB)へ入社。アナウンサーとして主にスポーツ中継や報道を担当し、特にUHBの初期のスポーツ実況をほとんど担当したため、実況種目は10競技を超えている。競馬中継ではテンポイントハギノトップレディの新馬戦を担当したほか[1]、北海道競馬記者クラブ創設にも関わった。競馬の仕事を通して寺山修司との交流もあり、寺山からは「レースでの騎手の駆け引きなど専門的なことなどを教えてくれた」[2]と回想。実況スタイルは踏襲していないが、盛山毅を師と仰ぎ、杉本清の影響を強く受けた。系列局の同期や1年先輩・後輩には馬場鉄志神田康秋堺正幸浅見博幸岩田雅人などがおり、親交も深かった。競馬以外では北海道マラソンUHB杯ジャンプラージヒルを第1回から実況し、他局の応援実況も積極的に引き受けた。その後は制作部に異動し、スポーツ番組のディレクター・プロデューサーとして基礎を築いた。北海道マラソンでは中継方式を移動車方式からセンター方式へと変更し、今日のマラソン中継の形を作り上げた。その後はライブラリー室勤務となり、取材用VTRテープの管理システムを共同開発したほか、フィルム素材のアーカイブ化を完成させて企画・制作にあたった。2007年5月31日に早期退職。現在は北海道芸術高等学校で講師を務める傍ら、有限会社「イーヴォイス ナレーション工房」代表としてナレーションのオンライン制作に力を入れるほか、養成所「札幌アナウンスセミナー」でアナウンサーナレーター声優育成の講師も務めている。2014年には日本語検定1級を取得。

出演番組編集

競馬編集

マラソン編集

ウインタースポーツ編集

ゴルフ編集

バレーボール編集

テニス編集

  • ミルクランドカップテニス

アメリカンフットボール編集

相撲編集

  • uhb杯大相撲トーナメント

主な実況歴編集

関連項目編集

  • 白馬康冶(1986年6月死去)
  • 田代茂己
  • 山田英寿

脚注編集

  1. ^ 志摩直人『見わたせばロマンの競馬場』廣済堂、1995年初版、68頁
  2. ^ 北海道新聞社『続・北へ~異色人物伝~』、2001年初版、72頁