堺正幸

堺 正幸(さかい まさゆき、1952年11月8日 - )は日本フリーアナウンサー鉄道ジャーナリスト。元フジテレビアナウンサー

さかい まさゆき
堺 正幸
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
生年月日 (1952-11-08) 1952年11月8日(64歳)
血液型 AB型
最終学歴 慶應義塾大学法学部
職歴 フジテレビアナウンサー→アナウンス室専任部長→デスク担当部長→室長→CSR推進室長→CSR推進室専任局長
活動期間 1975年 - 2009年
(アナウンサーとして)
ジャンル 報道・スポーツ・ナレーション
出演番組・活動
現在 新・みんなの鉄道
過去 スーパー競馬』実況
FNNスピーク
みんなの鉄道
ほか
その他 JR東日本新幹線および特急列車JR西日本北陸新幹線JR北海道北海道新幹線の車内アナウンス

目次

来歴・人物編集

神奈川県川崎市出身。私立浅野中学・高等学校では放送部に在籍。

慶應義塾大学法学部卒業後、1975年に入社。同期は和田圭(記者として入社、元解説委員[注 1]田丸美寿々(現・フリーニュースキャスター)、酒井ゆきえ(『ママとあそぼう!ピンポンパン』専属扱い。降板とともに退社、フリーに)であり、また慶應義塾大学の同期にTBSの元アナウンサー・松下賢次、2年先輩には元NHKアナウンサーの宮本隆治、1年後輩には福井謙二がいる。

入社後は主に競馬プロ野球ボクシングといったスポーツ実況などを担当。伝説の番組『ドキュメンタリー・アドルフ・ヒトラー』のナレーションを担当したほか、報道キャスターとしては昼前のニュース番組『FNNスピーク』の平日アンカーを2002年3月まで10年に渡り担当した。

2005年7月、陣内誠の後任としてアナウンス室長に就任[注 2]。そのため『27時間テレビ』の「新人アナウンサーお披露目」への立ち会い以外はバラエティ番組には全く出演していなかったが、2007年10月21日に『アナ☆ログ』で久々に出演した。

『シリーズ こんな生き方がしたい ニュースキャスター田丸美寿々』(板倉久子著、理論社)では、新人だった1975年に新宿区河田町にあったフジテレビ本社の正面玄関で撮影された新人アナウンサー5人が一列に並んだ写真が掲載されており、その写真には最前列から田丸、酒井、テレビ新広島の新人2人(神田康秋池本良子[注 3]、そして最後部に堺が写っており、22歳だった当時の姿を見ることができる。

2008年4月8日から9月9日まで『タモリのジャポニカロゴス』の人気コーナー「世にもステキな言いまつがいの世界」のナレーターを務めていた。

2009年7月、CSR推進室(室長)へ異動となった。ただし異動後も、引き続き『新・みんなの鉄道』のナレーションを担当。

2011年6月29日付でCSR推進室専任局長に就任。

2012年11月30日付でフジテレビを定年退職。フリーアナウンサーとして活動する。

エピソード編集

出演番組編集

過去の出演番組編集

車内放送について編集

以下は、堺が車内自動放送を担当するJR東日本の各新幹線と各方面特急列車。東北・上越新幹線は国鉄時代から担当している。この他にもJR東日本の一部ジョイフルトレインの車内放送も担当している。なお、列車の運行区間は各列車記事を参照。東北北海道新幹線では北海道旅客鉄道(JR北海道)管内、北陸新幹線では西日本旅客鉄道(JR西日本)管内の区間においても車内放送を担当しているほか、列車によっては伊豆急行(特急「マリンエクスプレス踊り子」)やえちごトキめき鉄道(特急「しらゆき」)、東武鉄道(特急「日光」・「きぬがわ」)などの区間でも堺のアナウンスを聞くことができる。

JR東日本の在来線特急編集

新幹線編集

競馬GI実況歴編集

日本国内
海外

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 和田の元妻の有賀さつきは堺の元同僚である。
  2. ^ 入社時期は陣内の方が1年後輩だが年齢は2歳上である、最年長の須田哲夫は就任経験がないまま定年を迎え嘱託として現役。
  3. ^ 堺が入社した年の10月1日に開局したため、フジテレビで研修。
  4. ^ テレビ朝日で放送している『世界の車窓から』のパロディ。
  5. ^ 1982年は盛山毅、1988年は大川和彦の代理として。

関連項目編集

外部リンク編集