メインメニューを開く
伊達宗陳

伊達 宗陳(だて むねのぶ、1861年1月26日(万延元年12月16日[1])- 1923年大正12年)2月7日[2])は、日本の宮内官、政治家華族貴族院侯爵議員宮中顧問官

経歴編集

宇和島藩主・伊達宗徳の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い1905年12月27日に侯爵を襲爵し[4]貴族院侯爵議員に就任し[1][2]、死去するまで在任した[2]

明治学舎、学習院で学び、1886年小松宮彰仁親王に随行してイギリスを訪問し同国に留学した[5]。帰国して1889年以降、式部官兼主猟官、宮中顧問官などを務めた[2]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』上巻、59-61頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』19頁。
  3. ^ 『人事興信録』第6版、た157頁。
  4. ^ 『官報』第6750号、明治38年12月28日。
  5. ^ 『華族総覧』440頁。
  6. ^ 『官報』第6766号「叙任及辞令」1906年1月22日。
  7. ^ 『官報』第2557号「叙任及辞令」1921年2月12日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 千田稔『華族総覧』講談社〈講談社現代新書〉、2009年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年。


日本の爵位
先代:
伊達宗徳
侯爵
宇和島伊達家第2代
1905年 - 1923年
次代:
伊達宗彰