メインメニューを開く

伊香色雄(いかがしこお)は『記紀』等に伝わる古代日本豪族物部氏の祖。『古事記』では伊迦賀色許男命(いかがしこおのみこと)。崇神天皇7年大物主神をまつる「神班物者」(かみのものあかつひと)に任じられたと伝えられている。

記録編集

「物部」の「もの」とは、「武士」(もののふ)から来ているという説のほかに、神秘的なもの、精霊などの魂(もの)を指す、という説があり、部は和語の「伴」(とも、被支配集団)を朝鮮の支配組織を示す漢語に当てはめたもので、大伴氏よりも新しい氏族であると考えられている。

古事記』によると、崇神天皇の時、疫病が流行したことがあり、人民が多くなくなった。その際に、天皇の夢枕に大物主大神が現れ「意富多々泥古(おおたたねこ)という人に自分を祭らせれば、祟りも収まり、国も平安になるであろう」と神託を述べた。天皇はその人物を捜し出し、

(すなは)ち意富多々泥古命(おほたたねこのみこと)を以ちて神主(かむぬし)と為(し)て、御諸山(みもろやま)に意富美和之大神(おほみわのおほかみ)の前を拝(いつ)き祭りたまひき。又伊迦賀色許男命(いかがしこをのみこと)に仰(おほ)せて、天(あめ)の八十(やそ)びらか(=平らな土器。平たい皿様の器)を作り、天神地祇(あまつかみくにつかみ)を定め奉(まつ)りたまひき。(後略)

以上のようにして、疫病の流行はやみ、国は平安になった、という[1]

日本書紀』巻第五もほぼ同じ物語を伝えているが、天皇が皇女、豊鍬入姫命渟名城入姫命をそれぞれ天照大神倭大国魂神を祭らせている[2]。その後、夢の前に占いをしており、倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと)に神がのりうつる、という一幕もある[3]

さらに、天皇の夢の後、臣下の大水口宿禰(おおぬなくちのすくね)らの夢にも貴人が現れて、大田田根子(おおたたねこ)と市磯長尾市(いちし の ながおち)をそれぞれ大物主神と倭大国魂を祭らせれば良い、という内容であった。大田田根子を求め、見つけることができた天皇は、

(すなは)ち物部連(もののべのむらじ)の祖(おや)伊香色雄(いかがしこを)をして、神班物者(かみのものあかつひと=神に捧げる物を分かつ人)にせむと卜(うらな)ふに、吉(よ)し。又(また)、便(たより)に(=ついでに)他神(あたしかみ)を祭らむと卜(うらな)ふに、吉(よ)からず。

(そこで、物部連の先祖伊香色雄を神班物者(かみのものあかつひと)にしようと占うと吉(よ)しと出て、またついでに他神を祭ろうと占うに、吉(よ)からずと出た。)訳:宇治谷孟[4]

その後、天皇は伊香色雄に命じて、物部のように沢山ある平瓮(ひらか)を祭神之物(かみまつりもの=神祭の供物)とされ、大田田根子を大物主大神の祭主にし、市磯長尾市を倭大国魂神の祭主にした、という。これにより、疫病は収まり、国内も鎮まり。、五穀が実って、百姓は賑わった[5]

伊香色雄が登場するのはこの場面だけであるが、このことから、崇神天皇が大和国三輪山の神を祭ることで、大和政権の基礎を固め、周辺の諸国の統一にとりかかったという祭政一致の政策を行ってきたことが分かってくる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『古事記』 中巻、崇神天皇日条
  2. ^ 『日本書紀』崇神天皇6年条
  3. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年2月15日条
  4. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年8月7日条
  5. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年11月13日条

参考文献編集

関連項目編集