大田田根子(おおたたねこ)は『記紀』等に伝わる古代日本人物。『古事記』では意富多多泥古命大神神社では大直禰子命としている。

概要編集

奈良県桜井市にある三輪山の神である大物主神、または事代主神の子孫または子で、神君(三輪氏、大三輪氏、大神氏)、鴨君(賀茂朝臣氏)、石辺公の祖神とされる。なお事績や活動年代、系譜等から大物主神と事代主神が同神であるという説がある[1][2]

「オオ」は「大」で美称、「ネコ」は尊称を意味し、難波根子建振熊命や古代天皇の和風諱号に散見される。「タタ」は「田」の意味[3]かと推測されている。

日本書紀』によると大物主神の子、『古事記』によると同神の5世孫[4][5]、『先代旧事本紀』の「地祇本紀」によると事代主神の7世孫[6]で、崇神天皇と同世代の人物。『日本書紀』によると、茅渟県(ちぬのあがた)の陶邑(すえのむら)、すなわち和泉国大鳥郡陶器荘(現・堺市東南部の陶器山からその西方にかけて)[7]、『古事記』によると、河内国美努村(みのむら)、すなわち若江郡御野(現・八尾市上之町南)[8][9]の出身という。いずれも、陶荒田神社(現・堺市中区[注 1]の付近という同じ場所を指すかとも考えられる[9][10]

現在、大神神社の摂社・大直禰子神社等に祀られている[11]

系譜編集

父は事代主神の6世孫・建飯賀田須命、母は生玉兄日子命の4世孫・鴨部美良姫で、神門臣の娘・美気姫を妻とし、子の大御気持命から三輪氏(神氏、大三輪氏、大神氏)、鴨氏(賀茂朝臣氏)、神人部氏神部氏などの氏族を輩出したと伝わる。

記録編集

日本書紀』巻第五によると、崇神天皇5年、

国内(くにうち)に、疾疫(えのやまひ)(おほ)くして、民(おほみたから)死亡(まか)れる者(もの)(あ)りて、且大半(なかばす)ぎなむとす。 (国内に疫病多く、民の死亡するもの、半ば以上に及ぶほどであった)-訳・宇治谷孟[12]

6年には、「百姓」(おおみたから)は流離してしまい、或いは叛逆するものもあった。その勢いは徳で治めるのが難しかった。朝夕神祇祈り祭った。これよりも前に、天照大神倭大国魂神を天皇の「大殿」(みあらか)に並んで祭ったが、神の勢いを畏怖し、一緒に生活することができなかった。そこで、天皇が皇女、豊鍬入姫命(とよすきいりびめ の みこと)・渟名城入姫命(ぬなきのいりびめ の みこと)に2つの神をそれぞれ祭らせることにした。天照大神は倭の笠縫邑(かさぬいのむら)に祭り、豊鍬入姫には磯堅城(しかたき)の神籬(ひもろぎ)を立てた。淳名城入姫は倭大国魂神を祭らせたが、髪が抜けて体が痩せて、お祀りすることができなかった[13]

事態を憂慮した天皇は、占いによって、災いの起こる理由を究明しようとした。ここで、占いをすることを「命神亀」と記しているが、亀卜のことを指している。なお『魏志倭人伝』の描く3世紀には、倭人は鹿の骨を焼く占いをしていた、とある。

そこで、神浅茅原(かんあさじはら)へ行幸し、八十万(やそよろず)の神々を集えて、占いをした。すると、倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと)に神がのりうつり、自分を敬えば自然に疫病は平らぐと言った神がいた。不思議に思った天皇が名前を尋ねると、「私は倭国の域(さかい)の内にいる神で、名前は大物主神という」と自己紹介をした。この神のお告げにしたがってお祀りをしたが、効果はなく、そこで、天皇は斎戒沐浴し、「殿」(みあから)のうちを清めて、「自分の信心が不十分なのでしょうか、夢の中で教えてください」と頼んだ。すると、その日の夢に貴人の姿をした大物主神が現れて、

「天皇(すめらみこと)、復(また)な愁(うれ)へましそ。国(くに)の治(をさま)らざるは、是(これ)(わ)が意(こころ)ぞ。若(も)し吾(わ)が児(こ)大田田根子(おほたたねこ)を以て、吾(われ)を令祭(まつ)りたまはば、立(たちどころ)に平(たひら)ぎなむ。亦(また)海外(わたのほか)の国(くに)(あ)りて、自(おの)づからに帰伏(まうしたが)ひなむ」 (天皇よ、そんなに憂えなさるな。国の治まらないのは、吾が意(こころ)によるものだ。もしわが子大田田根子に、吾を祀らせたら、たちどころに平らぐだろう。また海外の国も自ら降伏するだろう)-訳・宇治谷孟[14]

とおっしゃった。

その後、倭迹速神浅茅原目妙姫(やまとと はやかんあさじはら まくわしひめ=倭迹迹日百襲姫命)や、臣下の穂積臣の祖先である大水口宿禰(おおぬなくち の すくね)らの夢にも貴人が現れて、大田田根子(おおたたねこ)と市磯長尾市(いちし の ながおち)をそれぞれ大物主神と倭大国魂の祭主にすれば、天下太平になるという内容であった。天皇はこの夢の言葉を得て、天下に告げて大田田根子を捜したところ、茅渟県の陶邑で大田田根子が発見された。彼は、父親は大物主大神で、母親は陶津耳(すえつみみ)の娘の活玉依媛(いくたまよりびめ)であると答えた。そこで、卜占で、物部連の祖先である伊香色雄(いかがしこお)を「神班物者」(かみのものあかつひと=神に捧げる物を分かつ人)に任命した[15]

それから、伊香色雄に沢山の平瓮(ひらか=平らな土器。平たい皿様の器)を神祭の供物とし、大田田根子を大物主大神の祭主、市磯長尾市を倭大国魂神の祭主にした、という。これにより、疫病は収まり、国内も鎮まり、五穀が実って、百姓は賑わった、という[16]

崇神天皇8年12月に天皇は、大田田根子に「大神」(おおみわのかみ)を祀らせた、という。この大田田根子が三輪君の始まりだという[17]

古事記』にある物語は、これほど煩雜ではないが、大筋は同じで、崇神天皇の時、疫病が流行で人民が多く死に、天皇の夢枕に大物主大神が現れ「意富多々泥古(おおたたねこ)という人に自分を祭らせれば、祟りも収まり、国も平安になるであろう」と神託を述べた。天皇はその人物を捜し出し、意富多々泥古命に三輪山の神を祭らせ、伊迦賀色許男命(いかがしこをのみこと)に天(あめ)の八十(やそ)びらかを作らせて、天神地祇(あまつかみくにつかみ)を定め祭らせた、という話は同じである。ただ、こちらは「神の血を引く子」で、大物主大神と、陶津耳命(すえつみみのみこと)の娘の活玉依毘売(いくたまよりびめ)の3代目の孫である。さらに、活玉依毘売がどうして神の子を産んだのか、という物語も語られている[4]

大田田根子が登場するのはここまでであるが、このことから、崇神天皇が大和国三輪山の神を祭ることで、祭政一致の政策を行い、さらに、海外も含めた周辺の諸国の統一に着手していることも分かる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 末社・大田社に大田田根子が祀られている。

出典編集

  1. ^ 宝賀 2015, p. 52-53.
  2. ^ 村島 2014.
  3. ^ 世界大百科事典
  4. ^ a b 古事記中-2 崇神天皇記
  5. ^ 『日本古代神祇事典』
  6. ^ 宝賀 2015, p. 55.
  7. ^ 宮司の論文:大田田根子について
  8. ^ 日本古代氏族人名辞典
  9. ^ a b 和泉の式内社
  10. ^ 宝賀 2015, p. 28.
  11. ^ 大田田根子:玄松子の祭神記
  12. ^ 『日本書紀』崇神天皇5年条
  13. ^ 『日本書紀』崇神天皇6年条
  14. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年2月15日条
  15. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年8月7日条
  16. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年11月13日条
  17. ^ 『日本書紀』崇神天皇8年12月20日条

参考文献編集

  • 荻原浅男 訳 『古事記』 小学館〈完訳日本の古典1〉、1983年。ISBN 4095560010 
  • 古事記、全文検索”. 2019年11月16日閲覧。
  • 坂本太郎 訳 『日本書紀』 1巻 岩波書店〈岩波文庫〉、1994年。ISBN 4003000412 
  • 宇治谷孟 訳 『日本書紀 全現代語訳』 上巻 講談社〈講談社学術文庫〉、1988年。ISBN 4061588338 
  • 吉田和典 『日本古代神祇事典』 中日出版社、2000年。ISBN 4885191580 
  • 宝賀寿男 『三輪氏 大物主神の祭祀者』 青垣出版〈古代氏族の研究⑦〉、2015年。ISBN 978-4434208256 
  • 井上光貞 『日本の歴史1 神話から歴史へ』 中央公論社、1965年。ISBN 978-4434208256 
  • 佐伯有清 『日本古代氏族事典』(新装版) 雄山閣、2015年。ISBN 978-4639012504 
  • 平野邦雄坂本太郎 監修 『日本古代氏族人名辞典』 吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588 
  • 村島秀次 「「大物主神 = 事代主神」論」 『歴史研究』 618号、2014年。 
  • 『世界大百科事典 第2版』 吉川弘文館、1998年。ISBN 4582040012https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E7%94%B0%E6%A0%B9%E5%AD%90-1060552 (大田田根子(おおたたねこ)とは - コトバンク)
  • hanatani (2010年7月22日). “宮司の論文:大田田根子について”. 2019年11月15日閲覧。
  • 戸原. “和泉の式内社/陶荒田神社(堺市中区)”. 2019年11月16日閲覧。
  • 玄松子. “大田田根子:玄松子の祭神記”. 2019年11月16日閲覧。
  • サダロン (2013年2月28日). “106 オオタタネコの謎 - 小春奈日和”. 2019年11月16日閲覧。

関連項目編集