佐山 亮(さやま りょう、1911年2月16日 - 1945年)は、日本の俳優である[1][2]。本名は板倉 与志雄(いたくら よしお)[1][2]。戦前・戦中にかけて東宝映画の名脇役として活躍していたが、満34歳で戦病死している[2]

さやま りょう
佐山 亮
本名 板倉 与志雄 (いたくら よしお)
生年月日 (1911-02-16) 1911年2月16日
没年月日 1945年
出生地 日本の旗 日本 千葉県山武郡
死没地 フィリピンの旗 フィリピン
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇戦争映画トーキー
活動期間 1938年 - 1944年
配偶者
主な作品
巨人傳
海軍爆撃隊
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1911年(明治44年)2月16日千葉県山武郡に生まれる[1][2]。千葉県立長生中学校(現在の千葉県立長生高等学校)を卒業後、東京美術学校(1952年廃止)を経て太平洋美術学校(現在の太平洋美術会)に学ぶ[1][2]

1938年(昭和13年)、東宝に入社[1][2]。同年に公開された伊丹万作監督映画『巨人傳』で映画デビューを果たす[1][2]。以後、戦争映画を中心に多数の作品に助演を務めた。

その後、第二次世界大戦の戦局悪化で応召されるが、佐山は終戦直前の1945年(昭和20年)、フィリピンで戦病死した[2]。満34歳没。

出演作品編集

東宝映画東京撮影所編集

特筆以外、全て製作は「東宝映画東京撮影所」、配給は「東宝映画」、全てトーキーである。

東宝映画編集

特筆以外、全て製作・配給は「東宝映画」である。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、255頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『新撰 芸能人物事典 明治〜平成』日外アソシエーツ、2010年。

外部リンク編集