メインメニューを開く

佐藤 佑介(さとう ゆうすけ、1959年7月3日 - 2009年9月22日)は、日本の俳優

さとう ゆうすけ
佐藤佑介
本名 佐藤祐介
生年月日 (1959-07-03) 1959年7月3日
没年月日 (2009-09-22) 2009年9月22日(50歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区
死没地 東京都内
職業 俳優
ジャンル CMテレビドラマ映画オリジナルビデオ
活動期間 1972年 - 1997年頃?
配偶者 天見啓子(鈴木淳子)
主な作品
映画
恋は緑の風の中
大地の子守唄
パーマネント・ブルー 真夏の恋
愛情の設計
テレビドラマ
青葉繁れる
はじめまして

目次

来歴・人物編集

東京都新宿区出身[1]。兄が二人いる[1]東京都立代々木高等学校卒業[1]。かつてはサンミュージックに所属していた。

同姓同名の俳優(1982年生の佐藤佑介)がいるため、しばしば出演歴が混同されて記載される場合があった[2]

1972年新宿紀伊国屋に買い物に出掛けた際にCMディレクターの杉山登志に見出され、同年、資生堂のTVCMでデビュー[1]。当時は美少年として注目をされていた。俳優デビューはサンミュージックに所属した1974年から。当初は、青春を描いた映画テレビドラマに多数出演し秋吉久美子原田美枝子桜田淳子などの相手役を務めた。その後は、『大岡越前』にレギュラー出演するなど、時代劇の映画や舞台で活動していた。

1990年代後半に芸能活動を休止しており、2009年に都内の病院で死去。葬儀は神奈川県横須賀市の菩提寺で執り行われた。本人の生前の希望により、亡くなったことを公表していなかった。

1992年にインテリアデザイナーと結婚、その後離婚。

1997年再婚。妻は元女優の天見啓子。

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

  • 女ギャンブラー リベンジ香港(1991年)
  • ピーチ白書 もっとおアツいのが好き(1991年)※友情出演

CM編集

  • 資生堂
    • シフォネット オートマスカラ 「影も形も・軽井沢」 (1973年)
    • シフォネット パウダーアイシャドウ 「影も形も・図書館」 (1973年)
  • カンコー学生服
  • ハウス食品 - シャンメン 「私作る人、僕食べる人」 (1975年)

ディスコグラフィー編集

  • 『五線紙からはみ出た僕の詩』 (1976年、LP)

著書編集

  • 『佑介のビバ!青春』(1975年8月2日、秋元文庫YOUNG・シリーズE21)

脚注編集

  1. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年1月28日号 p.22
  2. ^ allcinemaによるプロフィールなど

外部リンク編集