メインメニューを開く

保呂羽山波宇志別神社(ほろわさんはうしわけじんじゃ)は、秋田県横手市大森町八沢木の保呂羽山山腹にある神社式内小社出羽国平鹿郡 波宇志別神社」、旧社格は県社。

保呂羽山波宇志別神社
波宇志別神社神楽殿 (国指定重要文化財)
所在地 秋田県横手市大森町八沢木字保呂羽山1-1
位置 北緯39度22分16.34秒
東経140度18分35.54秒
主祭神 安閑天皇
社格 式内社(小)・県社
創建 (伝)757年天平宝字1年)
本殿の様式 両流造
例祭 8月15日11月7日
主な神事 保呂羽山の霜月神楽
テンプレートを表示

目次

由緒編集

社伝によれば757年天平宝字1年)、大友吉親が大和国吉野金峰山蔵王権現を勧請し現在地に創建したという。秋田県に所在する式内社3社のうちの一。中世には修験道の霊地として周囲より崇敬を集めていた。大友家に伝わる縁起によれば、創建以来大伴氏の末裔と伝えられる大友家が別当を務めてきたが、江戸時代初期、大友家当主が幼いため、一時的に守屋家と両別当となった。しかし、守屋家から別当が出ていた1853年嘉永6年)に出火があり、その責任を問われ、以後現在まで大友家が宮司を務めているという。ただし、現在は神職としては廃絶した守屋家には別の由緒が伝わっている。近世には佐竹氏の定めた秋田藩三国社の一つとして崇敬を集め、大友親久が本居宣長、大友直枝が本居大平に学ぶなど国学研究をさかんにおこない、江戸期後半の地域の動向にも影響を与えた。

元来の祭神は天日鷲神ではないかとする新野直吉の説もあるが現在の祭神には入っていない。

祭神編集

祭事編集

境内外社編集

  • 下居堂(普賢菩薩)ほか

文化財編集

建造物

年表編集

〈〉は関連事項

  • 757年天平宝字1年):創建
  • 1602年慶長7年):〈佐竹義宣、秋田入封。〉
  • 1853年嘉永6年):守屋家配流
    • 1月3日夜、守屋家の家内に病死人があったを秘密にして、参詣者を宿泊させたが、玄関の奉納ボンデンに手燭の火が移って大火になった。数百人が外に出ようとしたものの、家の四方が雪で覆われてそれが出来ず、3百人あまりが焼死した事件の責任を負って配流となった[1]
  • 1868年明治1年)3月:〈神仏分離令
  • 1871年(明治4年)5月14日:〈社格制度制定〉

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『新秋田叢書7巻』p.2 石井忠行 伊頭園茶話1巻

参考文献編集

〔報告書〕

  • 財団法人文化財建造物保存技術協会編『波宇別神社神楽殿保存修理工事報告書』重要文化財 波宇別神社神楽殿修理委員会発行、1993年(平成5年)3月

〔一般書籍〕

  • 新野直吉・渡部綱二郎『波宇別の近世国学』大森町 発行、1996年(平成8年)11月

〔事典〕

  • 秋田魁新報社編『秋田大百科事典』秋田魁新報社、1981年(昭和56年)9月

関連項目編集

外部リンク編集