入舟 辰乃助(いりふね たつのすけ、1985年6月10日 - )は、落語協会に所属する落語家[1]司会者[1]

入舟いりふね 辰乃助たつのすけ
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}入舟(いりふね) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}辰乃助(たつのすけ)
入舟辰乃助定紋「つたの葉」
本名 水谷みずたに ひろし
生年月日 (1985-06-10) 1985年6月10日(35歳)
出身地 日本の旗 日本東京都小平市
師匠 入船亭扇辰
名跡 1.入船亭辰まき
(2012年 - 2014年)
2.入船亭辰のこ
(2014年 - 2017年)
3.入舟辰乃助
(2017年 - )
出囃子 むつの花
活動期間 2012年 -
活動内容 落語家
司会者
所属 落語協会

経歴編集

日本大学芸術学部卒業後に入船亭扇辰に入門[1]

人物編集

  • 学生時代はカラーギャングに所属し連絡隊長をしていた。
  • 落語以外にも司会を得意とする。
  • 前座として楽屋入りしてすぐにヘルニアで入院し一年以上休席した。
  • 品川区西中延に住んでいる。
  • 2019年8月に噺家の仲間の2代目柳家かゑる柳家花飛金原亭馬久三遊亭ふう丈と富士登山に挑戦した。
  • 忍者の末裔という説がある。半蔵門線に乗るのが怖い。
  • 亭号の「入舟」は過去に「入船」として存在している。入船亭扇蔵の初代と2代目は「入船扇蔵」を名乗っていた。この亭号を名乗るのは師匠入船亭扇辰のアイディア。当初「入船辰乃助」とするはずだったが、扇辰の兄弟子入船亭扇遊から「あんちゃん、辰乃助だったら『入舟』のほうがかっこいいよ」と言われたので『入舟辰乃助』とした。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集