内壢駅

台湾の鉄道駅
内レキ駅から転送)

内壢駅(ネイリーえき)は台湾桃園市中壢区にある、台湾鉄路管理局縦貫線

内壢駅
20170116內壢車站.jpg
駅舎
內壢
ネイリー
Neili
桃園 (6.1km)
(3.8km) 中壢
所在地 台湾桃園市中壢区中原里中華路1段267号
駅番号 107
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 三等駅
所属路線 縦貫線
キロ程 63.3km(基隆起点)
電報略号 ㄋㄌ
駅構造 地上駅
ホーム 3面3線
乗車人員
-統計年度-
#利用人員参照
-人/日(降車客含まず)
開業年月日 1902年6月1日
テンプレートを表示
内壢駅
各種表記
繁体字 內壢車站
簡体字 内坜车站
拼音 Nèilì Chēzhàn
通用拼音 Nèilì Chējhàn
注音符号 ㄋㄟˋ ㄌㄧˋ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: ネイリー チャーヂャン
台湾語白話字 Lāi-le̍k chhia-thâu
日本語漢音読み ないれきえき
英文 Neili Station
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

 
歩道橋から俯瞰した構内。

地上駅。プラットホームは島式ホーム1面2線(2番ホーム)の北側に単式ホーム1面1線(1番ホーム)、南側に単式ホーム1面(3番ホーム)を隣り合わせた、合計3面3線を有している。1番ホームは駅舎と隣接しており、その他のホームは地下道にて連絡している。

のりば編集

1 西部幹線(下り待避) 南方面の優等列車通過時の待避線
西部幹線(上り待避) 北方面の優等列車通過時の待避線
2 西部幹線(下り) 桃園板橋台北方面
西部幹線(下り通過) 通過線
3 西部幹線(上り) 中壢新竹竹南方面
西部幹線(上り通過) 通過線

利用状況編集

桃園区中壢区の中間に位置し、両都市への通勤客が多く乗降する。

2001年-
年間 1日平均
乗車 下車 出典 乗車 乗下車
2001 1,491,420 1,394,096 2,885,516 [1] 4,086 7,906
2002 1,472,341 1,404,133 2,876,474 4,034 7,881
2003 1,429,366 1,370,756 2,800,122 [3] 3,916 7,672
2004 1,576,263 1,513,265 3,089,528 4,307 8,441
2005 1,636,436 1,577,587 3,214,023 4,483 8,806
2006 1,754,272 1,673,148 3,427,420 4,806 9,390
2007 1,828,844 1,742,631 3,571,475 5,011 9,785
2008 2,066,364 1,995,938 4,062,302 5,646 11,099
2009 2,227,095 2,052,755 4,279,850 6,102 11,726
2010 2,455,899 2,322,048 4,777,947 6,728 13,090
2011 2,713,318 2,651,625 5,364,943 7,434 14,698
2012 2,866,395 2,835,216 5,701,611 7,832 15,578
2013 2,968,259 2,925,620 5,893,879 [4] 8,132 16,148
2014 3,014,340 2,943,950 5,958,290 [5] 8,258 16,324
2015 3,066,273 2,962,029 6,028,302 [6] 8,401 16,516
2016 3,098,212 3,014,393 6,112,605 [7] 8,465 16,701
2017 3,175,492 3,090,619 6,266,111 [8] 8,700 17,167
2018 3,213,106 3,182,644 6,395,750 [9] 8,803 17,523
2019 3,376,596 3,340,657 6,717,253 [10] 9,251 18,403

駅周辺編集

バス路線編集

隣の駅編集

台湾鉄路管理局
縦貫線
桃園駅 - 内壢駅 - 中壢駅

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c (繁体字中国語) 新修桃園縣志-交通志. 桃園縣政府. (2010). p. 頁59. ISBN 9789860243697. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_103_000061 
  2. ^ (繁体字中国語)臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會 (1947年5月). 臺灣鐵路業務統計要覽 民國35年度. 臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會. p. 28. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=007_001_0000408093  国家図書館
  3. ^ (繁体字中国語)台湾鉄路管理局 (2013年10月). “102年桃園縣交通運輸分析”. 桃園縣政府主計處. p. 16. 2019年5月5日閲覧。 桃園市政府主計處
  4. ^ 102年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2014年5月14日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  5. ^ 103年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2015年9月24日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  6. ^ 104年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2016年7月5日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  7. ^ 105年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2017年8月19日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  8. ^ 106年 報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  9. ^ 107年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月25日閲覧。
  10. ^ 108年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2020年5月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集