メインメニューを開く

内海 突破(うつみ とっぱ)は、漫才師名跡

内海 突破
(初代)
本名 木村 貞行
(きむら さだゆき)
生年月日 (1915-02-25) 1915年2月25日
没年月日 (1968-06-08) 1968年6月8日(53歳没)
出身地 愛媛県南宇和郡内海村
(現在の同郡愛南町
言語 日本語
コンビ名 一路・突破
活動時期 1936 - 1968年
内海 突破
(2代目)
本名 木村 三郎
生年月日 1917年????
出身地 愛媛県
言語 日本語
活動時期 1950年 -

目次

初代編集

初代 内海突破1915年2月25日 - 1968年6月8日)は、本名: 木村貞行(きむら まさゆき)。愛媛県南宇和郡内海村(現・愛南町)出身。夫人はテイチク専属歌手だった前島節子

来歴・人物編集

御荘金吾の弟。浪華商業学校関西大学卒。大阪市港湾局に奉職したが、芸人への思い断ち難く、高校で同級生だった西条凡児に弟子入り。凡児の相方(九条芸児、彼も高校の同級生)が1935年応集直後に戦死したため、翌1936年西条凡々の名で凡児と組んでデビュー。その後、故郷の内海村から亭号を頂いて改名。

後に吉本興業の専属となり上京。10人目の相方・並木一路とのコンビで[1]1940年頃からエンタツアチャコらと並び称される人気者になる。1941年に人気から東宝演芸部専属に引き抜きされ、復員後も一路・突破で活動、1947年からは映画にも進出するも、1949年NHKラジオ『陽気な喫茶店』に松井翠声との掛け合いが人気となりコンビを解散。

その後はピンのコメディアン、ボードビリアンとしてラジオ・映画に活躍の場を広げ、「ギョギョッ」というギャグが流行語になった。

弟子に獅子てんや・瀬戸わんや[2]内海カッパ今宮エビスの相方)、大阪はじめらがいる[3]

主な映画出演編集

  • 素晴らしき日曜日 1947
  • 淑女と風船 1950
  • 歌姫都へ行く 1950
  • 恋愛台風圏 1950
  • 月が出た出た 1951
  • 目下恋愛中 1951
  • 夕立勘五郎 1953
  • 初笑い寛永御前試合 1953
  • 娘十六ジャズ祭 1954
  • 家庭の事情 こんばんわの巻 1954
  • 旗本退屈男 謎の百万両 1954
  • スラバヤ殿下 1955
  • 猿飛佐助 1955
  • 緑はるかに 1955
  • 落日の決闘 1955
  • 少年死刑囚 1955
  • 裏町のお転婆娘 1956
  • 第8監房 1956
  • お化け駕籠 1956
  • 兄とその妹 1956
  • 猫と庄造と二人のをんな 1956
  • 歌う弥次喜多 黄金道中 1957
  • 花まつり男道中 1957
  • 阿波おどり 鳴門の海賊 1957
  • 負ケラレセン勝マデハ 1958
  • 東京野郎と女ども 1958
  • 夜の牙 1958
  • モダン道中 その恋待ったなし 1958
  • 東京のバスガール 1958
  • 縞の背広の親分衆 1961

他脇役などで多数出演。

2代目編集

2代目 内海突破1917年 - )は、本名:木村三郎。愛媛県出身。

来歴・人物編集

御荘金吾及び初代の弟。復員後兄に弟子入りし、1950年2月、浅草松竹演芸場で宇和島三郎・四郎の三郎でデビュー。後に内海サラブの名で中山アラブと組む。1954年には巽タンバの名で宮津タンゴ(後の夢乃タンゴ)。後に笹山タンバと改名。1956年に解消し漫談に転じる。その後娘の秋月ルンバ南喜代子(後の吉本新喜劇女優)、再びタンゴとのコンビなどめまぐるしく変わり、1971年には花乃ルンバ(後サムライトリオを経て宮川珠季)、笹山ナンバ(後の夢すすむ)、1977年に2代目を襲名。二代目「内海突破」の襲名には少なからず反対があった。

私生活では芸人たるものプライベートはあってないようなものという理念から普段でも派手な舞台で着るスーツを着用していた。メガネは伊達メガネでレンズが入っていなかった。舞台ではポケットから取り出したハンカチで結んでアピールして笑いを取っていた。

弟子に船仁のるか・喜和そるか、相方であった鼻乃ルンバ、ナンバ、実子の秋月ルンバらがいる。近年は表舞台からは遠ざかっているものの、現在も存命中である。

編集

  1. ^ 活動弁士松井翠声と組んだこともあった。当時の漫才コンビは後代ほど固定されておらず、レコード吹き込み時のみの暫定コンビも多数存在した。
  2. ^ わんやは職場の後輩でもあった。
  3. ^ 内海桂子・好江は直弟子ではなく、人気絶頂の突破にあやかり勝手に「内海」の屋号を名乗っていたのだが、後に許され一門の客分扱いに納まった。

関連項目編集

外部リンク編集