虚血性心疾患

冠動脈が狭窄あるいは閉塞することで、酸素需要を満たすだけの血液を心筋に送ることができなくなり、心筋が虚血に陥る疾患
冠状動脈性心臓病から転送)

虚血性心疾患 (きょけつせいしんしっかん, IHD: Ischemic Heart Disease)とは、冠動脈閉塞狭窄などにより心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる疾患の総称である。

虚血性心疾患
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
循環器学, pediatric cardiac surgery[*]
ICD-10 I20-I25
ICD-9-CM 410-414
DiseasesDB 8695
eMedicine med/1568
Patient UK 虚血性心疾患
MeSH D017202
テンプレートを表示

狭心症心筋梗塞がこの分類に含まれる。これらは冠動脈疾患と同義であるが、冠動脈自体に病変が無い疾患、例えば脳血管疾患による急激なストレスから来るたこつぼ心筋症や中枢性肺水腫などは特に本症に含まれる。

概要編集

アメリカ合衆国では1950年代から心臓病患者の増加が問題となっていたが、朝鮮戦争で死亡したアメリカ人兵士を解剖した医師が冠動脈動脈硬化症を発見したことから、虚血性心疾患と動脈硬化症との関連が明らかとなった。

日本でもかつて死に直結する病であったが、1979年東京都で休日の救急体制が敷かれるなど医学の進歩に応じて積極的な医療が行われるようになった[1]

症状に応じて、薬物治療冠動脈バイパス術(CABG)・経皮的冠動脈形成術(PCI、PTCA)が行われる。

病態編集

 
心臓を取り巻く冠動脈。

心臓を取り巻く冠動脈心筋へ栄養と酸素を含んた血液を供給している[2]。この血管の閉塞狭窄などによって心筋への血液が阻害される状態を心筋虚血といい、これにより引き起こされる疾患を虚血性心疾患という[2]

動脈硬化などで起こる狭窄は心筋に必要な血液不足を生じさせ、胸痛などの症状(狭心症)、さらに進行すれば心筋梗塞へと至る[2]

虚血性心疾患による心筋の収縮力低下は心不全を招き、これを虚血性心不全という[2]

危険因子編集

日本人の危険因子は以下のとおり[3][4]

  1. 加齢:男性45歳以上、女性55歳以上
  2. 冠動脈疾患の家族歴(両親、祖父母、兄弟、姉妹)
  3. 喫煙
  4. 高血圧収縮期血圧140以上あるいは拡張期血圧90mmHg以上
  5. 肥満BMI25以上かつウエスト周囲径が男性85cm、女性90cm以上
  6. 耐糖能異常(境界型および糖尿病型)
  7. 高コレステロール血症(総コレステロール220mg/dL以上あるいはLDLコレステロール140mg/dL以上)
  8. 高トリグリセリド血症トリグリセリド150 mg/dL以上)
  9. HDLコレステロール血症(HDLコレステロール40 mg/dL未満)
  10. メタボリックシンドローム[注釈 1]
  11. 精神的、肉体的ストレス

死亡者数に対する原因別割合と順位編集

世界の疾病負荷(WHO, 2019年)[5]
順位 死因 DALYs (万) DALYs(%) DALYs
(10万人当たり)
1 新生児疾患 20,182.1 8.0 2,618
2 虚血性心疾患 18,084.7 7.1 2,346
3 脳卒中 13,942.9 5.5 1,809
4 下気道感染症 10,565.2 4.2 1,371
5 下痢性疾患 7,931.1 3.1 1,029
6 交通事故 7,911.6 3.1 1,026
7 COPD 7,398.1 2.9 960
8 糖尿病 7,041.1 2.8 913
9 結核 6,602.4 2.6 857
10 先天異常 5,179.7 2.0 672
11 背中と首の痛み 4,653.2 1.8 604
12 うつ病性障害 4,635.9 1.8 601
13 肝硬変 4,279.8 1.7 555
14 気管、気管支、肺がん 4,137.8 1.6 537
15 腎臓病 4,057.1 1.6 526
16 HIV / AIDS 4,014.7 1.6 521
17 その他の難聴 3,947.7 1.6 512
18 墜死 3,821.6 1.5 496
19 マラリア 3,339.8 1.3 433
20 裸眼の屈折異常 3,198.1 1.3 415

日本の原因疾患別死亡者数の割合と順位では、虚血性心疾患は1954年は5位、1955年から1957年まで4位、1958年から1984年まで3位、1985年から1994年まで2位、1995年から1996年まで3位、1997年から2018年まで2位であり[6][7][8][9][10][11][12][13][14]、2018年度は死亡者数136万2,470人のうち、虚血性心疾患による死者数は20万8,221人であり[14]、死亡者総数に対する割合は15.3%である。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 内臓肥満蓄積(ウエスト周囲径が男性85 cm、女性90 cm 以上)必須で、次の(1)(2)(3)のうち2項目以上を持つもの、(1)高トリグリセリド血症150 mg/dL以上かつ/または低HDLコレステロール血症(40 mg/dL 未満)、(2)収縮期血圧130mmHgかつ/または拡張期血圧85mmHg以上、(3)空腹時高血糖110 mg/dL以上

出典編集

  1. ^ 心臓病に休日救急体制 都が来月から開始『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月28日朝刊 13版 23面
  2. ^ a b c d 「虚血性心疾患とは」 - 日本心臓財団
  3. ^ 「虚血性心疾患の一次予防ガイドライン」2012年改訂版日本循環器学会公式webページ
  4. ^ 三田充男、庄司優「薬剤師のための治療ガイドライン第四回:虚血性心疾患の一次予防ガイドライン」『Credentials』2009年、2巻、2号、p9
  5. ^ (Excel) Global health estimates: Leading causes of DALYs (Report). 世界保健機関. (2020-12). Download the data > GLOBAL AND BY REGION > DALY estimates, 2000–2019 > WHO regions. https://www.who.int/data/gho/data/themes/mortality-and-global-health-estimates/global-health-estimates-leading-causes-of-dalys 2021年3月27日閲覧。. 
  6. ^ 厚生労働省>統計情報・白書>各種統計調査>厚生労働統計一覧>人口動態調査>人口動態統計(確定数)の概況>平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況>人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)>14ページ 第7表 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移
  7. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  8. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第7表 死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  9. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  10. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第7表 死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  11. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  12. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第7表 死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  13. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成28年度>第6表 性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合
  14. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成30年度>第6表 性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

関連項目編集

外部リンク編集