メインメニューを開く

前川(まえがわ)は、石川県小松市を流れる梯川水系の一級河川である。木場潟より上流は日用川と呼ばれる。

前川
Image-request.png
画像募集中
水系 一級水系 梯川
種別 一級河川
延長 14 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 57 km²
水源 小松市赤瀬町(石川県
水源の標高 -- m
河口・合流先 梯川(石川県)
流域 石川県
テンプレートを表示

目次

地理編集

日用川の源流は石川県小松市南部の赤瀬町の山中。概ね北西方向に流れ、粟津温泉付近で粟津川を合流し、その後木場潟に流入する。前川として木場潟から流出し、小松市街地、旧今江潟の干拓地東端を流れ、小松空港北東の小松市安宅町で梯川と合流する。

流域の自治体編集

石川県
小松市

歴史編集

かつては、木場潟から今江潟へ流れていた。

  • 縄文時代 - 今江の五郎座から貝塚が発見されている。
  • 1897年(明治30年) - 北陸線開通により水運が衰退し始める。
  • 1954年(昭和29年)7月7日 - 加賀三湖干拓事業の起工式を行う。
  • 1960年(昭和35年)2月25日 - 農林大臣が加賀三湖干拓建設事業計画を正式に決定する。
  • 1962年(昭和37年) - 前川改修工事が行われる。
  • 1964年(昭和39年) - 前川改修工事が完成し、今江潟排水機場の工事が施工される。
  • 1965年(昭和40年) - 今江潟排水機場の工事が完成する。
  • 1966年(昭和41年)9月30日 - 加賀三湖導水路建設の起工式が行われる。
  • 1967年(昭和42年)3月 - 今江潟が全面的に干拓される。
  • 1968年(昭和43年) - 加賀三湖導水路が完成する。[1]
  • 1982年(昭和57年) - 木場潟公園開園。
  • 1996年平成8年) - 前川フラワーロードが完成する。
  • 2000年(平成12年) - 梯川との合流地点に前川排水機場が完成する。

主な支流編集

  • 粟津川
  • 山代川(木場潟北部で合流)
  • 坊川(木場潟北部で合流、大日川ダムの水を導水路によって放水されている。)

主な橋梁編集

上流より示す。

脚注編集

  1. ^ 「今江潟と今江町の歴史」閲覧

関連項目編集

外部リンク編集