メインメニューを開く

前橋大島駅

日本の群馬県前橋市にある東日本旅客鉄道の駅

前橋大島駅(まえばしおおしまえき)は、群馬県前橋市天川大島町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線である。

前橋大島駅
南口(2009年5月)
南口(2009年5月)
まえばしおおしま
Maebashiōshima
前橋 (3.8km)
(3.2km) 駒形
所在地 群馬県前橋市天川大島町1324
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 両毛線
キロ程 78.1km(小山起点)
電報略号 マオ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,661人/日(降車客含まず)
-2018年(平成30年)-
開業年月日 1999年平成11年)3月12日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
北口(2009年5月)

歴史編集

1955年昭和30年)に、ほぼ同じ場所に東前橋駅が開業、しかし電化前年の1967年(昭和42年)に休止されている(正式な廃止は1987年(昭和62年))。廃止後に、木材関連の企業が集積した木工団地(前橋東部工業団地)や、県内最大の住宅団地である広瀬団地が完成。木工団地の中央に位置し広瀬団地にも近いこともあり、駅の復活が待たれていたが、それが実現したのは平成になってからで、廃止から復活まで32年を要した。駅の開業とほぼ同時に、南口から広瀬団地内へ直通する道路が完成。広瀬川には愛宕橋が架かった。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅であり、橋上駅舎を有する。北口と南口があり、両出口とホーム共にそれぞれエレベーターが設置されている。

JR東日本ステーションサービス2015年(平成27年)6月30日まではJR高崎鉄道サービス)が業務を受託する業務委託駅前橋駅管理)で、みどりの窓口・簡易Suica改札機が設置されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 両毛線 下り 桐生小山方面[1]
2 上り 高崎方面[1]

※現在は当駅から高崎線直通列車は無いが、2004年平成16年)までは直通列車が設定されていたため、2番線の標示には「高崎・大宮上野方面」とある(2016年(平成28年)9月時点)。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は1,661人である[利用客数 1]。これは、両毛線内(小山駅 - 新前橋駅間)の有人駅では、12駅中第10位。群馬県内の両毛線の駅では、8駅中第6位である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 858 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,102 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,207 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,289 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,393 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,502 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,534 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,556 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,669 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,593 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,513 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,484 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,638 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,718 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,604 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,632 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,685 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,651 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,661 [利用客数 1]

駅周辺編集

駅は、「東前橋工業団地」(通称「木工団地」)の中央に位置していて、北口南口共に駅前広場が整備されている。また、南口にはパークアンドライドに対応した駐車場も整備されている。群馬県内最大規模を誇る広瀬団地へは南口から新設道路で直結(約1km)している。近年南口側にラウンドワンスタジアム前橋店がオープンしてから、休日の利用客が増加した。

南口編集

北口編集

路線バス編集

※全て南口のバス停から発着する。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
両毛線
前橋駅 - 前橋大島駅 - 駒形駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b 時刻表 前橋大島駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月9日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月5日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集