メインメニューを開く

加古川バイパス(かこがわバイパス)は、兵庫県明石市魚住町清水から同県高砂市阿弥陀町魚橋に至る国道2号バイパスであり、高速道路(一般国道自動車専用道路)である。別名播磨国道(はりまこくどう)。

一般国道 自動車専用道路
(無料)

加古川 バイパス

KAKOGAWA BY-PASS

国道2号標識
加古川バイパス
国道2号バイパス
路線延長 12.2 km
開通年 1970年
起点 兵庫県明石市
主な
経由都市
兵庫県加古川市
終点 兵庫県高砂市
接続する
主な道路
記法
E93 第二神明道路
姫路バイパス
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

阪神高速道路 - 第二神明道路 - 加古川バイパス - 姫路バイパス - 太子竜野バイパスと相互接続された、阪神・播磨間臨海地域の一大バイパス群を形成する。

概要編集

国道2号の渋滞緩和と播磨工業地帯と京阪神との連絡道路として計画され、日本万国博覧会の関連事業として事業化され1970年3月に開通した。加古川市を横断し、東は第二神明道路(有料)、西は姫路バイパス(2000年12月11日より無料開放)にそれぞれ直結する。開通当初から無料である。

全線にわたってアップダウンが多く、渋滞の原因となっている。追突など事故も多い。しばしば各出口の先の信号待ちの車列が本線まで溢れる。問わず80 - 100 km/hで流れているが、本線にオービスが設置され、また高速隊パトカー白バイなどによる取締りも行われている。

近年、設備の陳腐化と改良余地が指摘され、ランプ改良・見通し改善などを柱とする加古川バイパスリニューアル事業が推進中である。

加古川市野口町坂元に加古川中央JCTを設け、山陽自動車道を経て国道175号へ接続する東播磨南北道路2014年3月23日に供用開始した。

キロポストは起点側より「65.5」から設置されているが、これは国道2号のキロポストをバイパスにも採用しているためである。

道路の位置関係編集

(←岡山姫路方面) 太子竜野バイパス - 姫路バイパス - 加古川バイパス - 第二神明道路 - 阪神高速道路大阪方面→)

インターチェンジなど編集

所管警察編集

兵庫県警察高速道路交通警察隊名谷分駐隊が管轄している。[1]

沿革編集

  • 1960年 : 日本万国博覧会関連事業として事業化。用地買収着手(一部は弾丸列車のために買収済みの用地を使用)。
  • 1964年 : 工事着手(建設省直轄施工)。
  • 1970年
    • 3月8日 : 北側2車線が完成(一期工事完了)。事業費60億円。この2車線で暫定供用開始。第二神明道路と接続。
    • 3月15日 : 全線4車線完成(二期工事完了)。事業費23億円。日本万国博覧会にむけて全線供用開始。
  • 1975年12月 : 姫路バイパスと接続。
  • 1988年11月 : 加古川バイパスリニューアル懇話会設置。
  • 2014年3月23日 : 加古川中央JCT 供用開始に伴い東播磨南北道路と接続。

交通量編集

2010年編集

24時間交通量(2010年度交通センサス)[2]
区間 観測地点 交通量 昼間
混雑度
昼間平均旅行速度
2010年 前回比 上り 下り
明石西IC-加古川東ランプ 加古川市加古川町溝ノ口 9万5593台 -6958台 1.03 59.0 km/h 57.0 km/h
加古川東ランプ-加古川ランプ 53.3 km/h 66.1 km/h
加古川ランプ-加古川西詰ランプ 加古川市東神吉町砂部 9万3258台 -9293台 49.1 km/h 63.8 km/h
加古川西詰ランプ-加古川西ランプ 56.4 km/h 64.1 km/h
加古川西ランプ-高砂北ランプ 8万9544台 -8961台 1.22 60.3 km/h 73.5 km/h
平均 9万3449台 -8293台 1.07 55.6 km/h 64.9km/h

2005年編集

平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 加古川市東神吉町砂部 : 102,551

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集