メインメニューを開く

北海道道83号函館南茅部線

日本の北海道の道路

北海道道83号函館南茅部線(ほっかいどうどう83ごう はこだてみなみかやべせん)は、北海道函館市松風町と函館市川汲町を結ぶ道道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
北海道道83号標識
北海道道83号 函館南茅部線
主要地方道 函館南茅部線
総延長 30.902 km
実延長 30.869 km
制定年 1972年昭和47年)
起点 北海道函館市松風町【地図
終点 北海道函館市川汲町【地図
接続する
主な道路
記法
国道278号標識 国道278号
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
北海道道41号標識
北海道道41号函館恵山線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
北海道道100号標識
北海道道100号函館上磯線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

函館の中心部を結ぶ区間と、湯川と旧南茅部町を結ぶ郊外区間に分かれる。

前者は函館区より亀田村を経由して下湯川村(現湯川町2丁目)に至る道路で、函館市企業局交通部運営の函館市電湯の川線の軌道が敷かれる。そのうち亀田村 - 下湯川村間は1887年明治20年)に開通した新道であるが、当時は雨が降ると悪路になり通行が困難であったため、そのことを解消する目的で馬車鉄道がひかれた。

後者は旧北海道道8号函館臼尻森線(函館市 - 湯川 - 川汲 - 森)の一部である。うち

  • 上湯川村稲荷神社 - 川汲浜間を川汲山道1798年寛政10年〉村上島之丞による)[1]
  • 鱒川町 - 鱒川峠 - 紅葉山町(旧・野田府(のだっぷ)付近)は鱒川道(旧道)

と呼んだ。明治元年に徳川幕府軍が五稜郭へ進軍したさいに使われた道のひとつである[要出典]

路線データ編集

 
起点(国道278号側から)
  • 起点:北海道函館市松風町(国道278号交点)
  • 終点:北海道函館市川汲町(国道278号交点)
  • 総延長:30.902 km[2]
  • 実延長:30.869 km[2]
  • 重用延長:0.033 km[2]

道路管理者編集

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

道路施設編集

主なトンネル編集

  • 矢別トンネル(257 m、函館市紅葉山町)
    1973年(昭和48年)3月完成。
  • 新川汲トンネル(2,056 m、函館市鉄山町 - 函館市川汲町)
    2008年(平成20年)3月完成。
廃止されたトンネル
  • 川汲トンネル(1,150 m)
    1968年(昭和43年)11月完成。新川汲トンネル開通に伴い閉鎖。

主な橋梁編集

  • 昭和橋(51 m、亀田川、函館市上新川町 - 函館市堀川町)
  • 松聖橋(92 m、松倉川、函館市戸倉町 - 函館市上湯川町)
  • 坂の下橋(44 m、坂の下川、函館市亀尾町)
  • 亀尾橋(81 m、汐泊川、函館市庵原町 - 函館市東畑町)
  • 新芳堀橋(86 m、汐泊川、函館市東畑町 - 函館市庵原町)
  • 矢別橋(86 m、やべつ湖、函館市紅葉山町)
  • 西股橋(30 m、西股川、函館市紅葉山町)
  • 山中橋(35 m、川汲川支流、函館市川汲町)
  • 二股橋(40 m、川汲川支流、函館市川汲町)
  • 郭公橋(35 m、川汲川、函館市川汲町)

地理編集

 
北海道道571号五稜郭公園線交点・函館市電五稜郭公園前電停(終点側から)
 
北海道道100号函館上磯線交点(函館市湯川町3丁目)

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

主な峠編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 道南の道ロマン 北海道開発局函館開発建設部監修 1993年 p 51
  2. ^ a b c 道路現況調書 平成30年4月1日現在 北海道 (pdf)”. 一般財団法人 北海道建設技術センター (2019年3月27日). 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ 1972年北海道告示第314号
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  5. ^ 1994年北海道告示第1468号
  6. ^ 新川汲トンネル開通祝う - 函館新聞 2008年7月29日版

参考文献編集

  • 南茅部町史 下 南茅部町史編集室編 南茅部町
  • 道南の道ロマン 北海道開発局函館開発建設部監修 1993年
  • 函館の自然地理 大淵玄一 1996年

関連項目編集