メインメニューを開く

北畠 治房(きたばたけ はるふさ 1833年2月20日天保4年1月1日) - 1921年大正10年)5月2日)は、江戸時代末期の勤皇家、明治時代の司法官。旧名は平岡鳩平、平岡武夫。維新後、南朝の功臣北畠親房の末裔を自称し、北畠治房と改名した。

目次

人物編集

法隆寺附近の商家の次男として誕生。伴林光平に師事して国学を学び、過激な尊王攘夷思想に傾倒、天誅組の変が起こると師の伴林に随伴してこれに参加するが、天誅組は鎮圧され、師である伴林も処刑される。鳩平は追手を逃れて潜伏し、京都や大坂を転転とする。やがて旧知であった水戸藩士大庭一心斎らに誘われ天狗党に参加するも、早期に離脱。戊辰戦争では尊攘派の浪士達を糾合して有栖川宮熾仁親王の軍勢に加わる。

明治維新後は司法官となり、横浜、京都、東京裁判所長、大阪控訴院長を歴任。任期中起こった小野組転籍事件の裁定に辣腕を振るい、槇村正直と舌戦を繰り広げた。明治十四年の政変で失脚し、立憲改進党に参加。東京専門学校(現在の早稲田大学)の議員も務めた。1896年6月5月、男爵に叙爵され[1]、法隆寺近郊で余生を過ごした。

親族編集

  • 東良三郎 - 長女の夫。衆議院議員、弁護士。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第3880号、明治29年6月6日。
  2. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号110
  3. ^ 『官報』第1650号「授爵叙任及辞令」1888年12月27日。
  4. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  5. ^ 『官報』第2322号「叙任及辞令」1891年3月31日。
  6. ^ 『官報』第3753号「叙任及辞令」1896年1月4日。

参考文献編集

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
北畠(治房)家初代
1896年 - 1921年
次代:
北畠具雄