メインメニューを開く
匹田鋭吉

匹田 鋭吉(ひきた えいきち、慶応4年4月26日[1]1868年5月18日) – 昭和19年(1944年11月9日[2])は、日本ジャーナリスト政治家立憲政友会所属の衆議院議員

経歴編集

美濃国郡上郡八幡(現在の岐阜県郡上市)出身。1888年明治21年)、東京専門学校(現在の早稲田大学)政治経済科を卒業。読売新聞社の記者となった後、1902年(明治35年)に富山日報の主筆に招かれ、1910年(明治43年)からは九州日報の主筆となった。さらに北陸タイムス主筆に転じ、1913年大正2年)からは岐阜日日新聞社の社長兼主筆を務めた。

1915年(大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。当選回数は7回を数えた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年(大正8年)、p.18。
  2. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』、日外アソシエーツ、2003年(平成15年)

参考文献編集

  • 細井肇『現代日本の政治家』国光社、1916年。