南かおり

日本の女性声優

南 かおり(みなみ かおり、1969年6月25日 - )は、関西を中心に活動するオフィスキイワード所属のタレント[1]

みなみ かおり
南 かおり
本名 近藤かおり(旧姓:南)
生年月日 (1969-06-25) 1969年6月25日(51歳)
出生地 奈良県大和郡山市
身長 159cm
血液型 O
ジャンル MCタレント
活動期間 1990年 - 現在
配偶者 既婚
事務所 フリー→ オフィスキイワード
テンプレートを表示

人物編集

奈良県大和郡山市で出生。実父は将来を嘱望されていた裁判官[2]で、地方裁判所への勤務中に3年周期で転勤していたことから、一時は家族と共に奈良県五條市山口県岩国市[3]横浜市岡山県などで暮らしていた。

15歳から大和郡山市内での生活を再開したが、その直後に実父を亡くしたことから、実父の遺言に沿って京都府内の高校へ進学[2]京都女子大学短期大学部[1]への在学中に、DJとしての活動を始めた。活動の場が東京に集中している声優を志していたが、奈良県を初めとする関西地方への愛着が強く、結局は上京へ至らなかった。

大学からの卒業後に、フリーランスの立場で『おはよう朝日です』(朝日放送)のリポーターを担当。1年後にオフィスキイワードへ所属すると、在阪局制作のテレビ・ラジオやイベントを中心に、ナレーターラジオパーソナリティ、MCなどで幅広く活動している。

1991年3月からは、『青春ラジメニア』(ラジオ関西)の第2代アシスタント[4]を担当中。この番組をきっかけに、「かおりん」という愛称が定着した。『青春ラジメニア』に加えて、『押尾コータローの押しても弾いても』(MBSラジオ)で単独番組化当初(2003年4月)からアシスタントを務めるなど、レギュラー出演の期間が長い番組が多いことでも知られる。

その一方で、地元の奈良県内で制作される番組や、同県内で開かれるイベントにも積極的に出演。大和郡山市内の実家では、タレントデビュー後の2010年から2015年3月まで[5][6]福井県出身の実母が「AO-SA」[注 1]という屋号でソースかつ丼店を営んでいた[8]。2020年には、大和郡山市の観光大使「元気城下町大使」に任命されている[9]

出演編集

テレビ編集

現在編集

過去編集

ラジオ編集

現在編集

過去編集

有線放送編集

  • 【a-FANFAN X】『南かおりのラブコラふぁん』(USEN440 CG26Ch、毎月第2週に放送)

インターネット番組編集

ゲーム編集

劇場アニメ編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 開店当初は「AOSSA」という名称だったが、途中で「AO-SA」に変更された。[7]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b オフィスキイワード
  2. ^ a b 南かおりオフィシャルブログ『かおりんの関西探検隊』2018年7月24日付記事「7/23(日) 父の三十三回忌」を参照
  3. ^ twitter上の公式アカウントから2018年7月30日に発信されたツイートを参照
  4. ^ 「リスナーからの声うれしい、パーソナリティ冥利につきる」タレント、南かおりの生き方/大阪THEPAGE大阪
  5. ^ <街ぶら>奈良・大和郡山で人気のソースかつ丼店が閉店へ ── タレント南かおりの実家、惜しむ声多く Yahoo!ニュース 2019年9月16日閲覧。
  6. ^ 「AO-SAはそんな昔にやっておらぬのだ(笑)2010年から2015年だとおもうんだよねー。」9/15(日) ウィキペディアを直したい(笑)かおりんの関西探検隊R - Ameblo 2019年9月15日閲覧。
  7. ^ 「実は最初はAOSSAでスタートしましたの! で、途中でAO-SAに変更したのでした!」9/15(日) ウィキペディアを直したい(笑) (コメント欄)かおりんの関西探検隊R - Ameblo 2019年9月16日閲覧。
  8. ^ 奈良・南かおりの実家ソースカツの店が限定復活でにぎわうTHEPAGE大阪
  9. ^ 南かおり 故郷・大和郡山市の元気城下町大使に「魅力をたくさん伝えたい」,THE PAGE,2020年1月3日
  10. ^ ブログ「かおりんの関西探検隊」2014年8月9日「ラジオな土曜日」
  11. ^ PERFECT BLUE”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。

外部リンク編集