メインメニューを開く

原田 治明(はらだ はるあき、1947年7月28日 - )は、東京都目黒区出身[1]の元プロ野球選手。ポジションは外野手。1973年〜1975年までの登録名は原田 俊治(はらだ としはる)。

原田 治明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都目黒区
生年月日 (1947-07-28) 1947年7月28日(71歳)
身長
体重
177 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1972年 ドラフト4位
初出場 1973年5月15日
最終出場 1980年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1982 - 1985)

目次

来歴・人物編集

父は大相撲武隈部屋十両力士であった郷錦廣次である。 荏原高等学校では1965年、中堅手として、後に巨人で同僚となる萩原康弘と共に第37回選抜高等学校野球大会に出場。高校初の甲子園出場という栄誉を担う。2回戦(初戦)で、後にプロ入りする福嶋久晃得津高宏加藤秀司らがいた大阪府PL学園と対戦し、4-2で敗れた[2]。同年夏の甲子園都予選では準決勝で日大二高に敗れ、甲子園には届かなかった。

高校卒業後は駒澤大学に進学するが腰の怪我のため野球部を退部。その後、社会人野球日本コロムビアに入部するが後に廃部となり三菱自動車川崎へ移籍した。ノンプロでは好守強打の外野手として知られる。1972年都市対抗野球予選川崎大会で3試合連続ホーマーを放ち、本大会でも四番打者として活躍。チームは決勝に進出するが、日本楽器のエース新美敏に完封を喫し準優勝にとどまる[3]

1972年ドラフト会議で巨人から4位指名され入団。即戦力の左打者として期待され、1年目の1973年から一軍に定着する。同年は右翼手、左翼手として17試合に先発出場、長嶋茂雄王貞治のONコンビの後の五番打者にも3試合に起用される。しかし高田繁柴田勲末次民夫のレギュラー陣には割って入れず、その後は主に代打として出場する。1976年阪急との日本シリーズでは代打で4打数2安打2四球と活躍。

1981年に引退し、次の年から巨人の打撃コーチを5年間務めた。その後も巨人寮の寮長、編成部を務め2007年まで担当。現在は都内の株式会社で統括部長を務めている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1973 巨人 49 78 70 5 19 2 0 1 24 9 0 0 0 0 8 0 0 17 0 .271 .346 .343 .689
1974 28 31 28 1 7 0 0 0 7 3 0 0 0 0 2 0 1 4 1 .250 .323 .250 .573
1976 61 61 54 2 11 4 0 0 15 6 0 1 0 0 6 1 1 12 0 .204 .295 .278 .573
1977 45 40 35 2 6 0 0 0 6 3 0 0 0 0 4 0 1 5 1 .171 .275 .171 .446
1978 62 58 51 3 12 3 0 2 21 8 1 0 0 1 5 0 1 7 0 .235 .310 .412 .722
1979 56 51 49 5 12 1 0 0 13 4 0 1 0 0 2 1 0 11 0 .245 .275 .265 .540
1980 41 39 35 2 7 1 1 1 13 5 0 0 0 1 3 0 0 13 1 .200 .256 .371 .628
通算:7年 342 358 322 20 74 11 1 4 99 38 1 2 0 2 30 2 4 69 3 .230 .302 .307 .609

記録編集

背番号編集

  • 33 (1973年 - 1981年)
  • 70 (1982年)
  • 84 (1983年 - 1985年)

登録名編集

  • 原田 俊治 (はらだ としはる、1973年 - 1975年)
  • 原田 治明 (はらだ はるあき、1976年 - 1985年)

脚注編集

  1. ^ ベースボールマガジン』(ベースボール・マガジン社)2008年7月号、p.124。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集