池田 善吾(いけだ ぜんご、1946年 - )は、福岡県出身の元アマチュア野球選手(投手)日本で初めてキューバを抑えた投手。

池田 善吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 1946年
身長
体重
176[1] cm
79[1] kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 三菱自動車川崎

来歴・人物編集

博多工業高等学校では、同期にエース橋本孝志がおり、主に一塁手として起用される。投手としても1963年秋季九州大会決勝で日南高に完封勝ちを記録している。1964年春の選抜に出場。2回戦で池永正明を擁する下関商を降し準決勝まで進出するが、尾道商小川邦和に0-4で完封負け[2]。しかし同年6月の新潟国体では、決勝で尾道商を降し初優勝。同年夏は県予選準々決勝で、末永吉幸のいた小倉工に日没引き分け再試合の末に敗退。1学年下に遊撃手倉田晃がいる。

芝浦工業大学に進学。東都大学野球リーグでは、エースとして1968年秋季リーグで7年振りに優勝。最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナイン(投手)に選出されている。同年の明治維新百年記念明治神宮野球大会に東都大学選抜メンバーとして出場。準決勝では首都大学選抜を相手に先発し、渡辺孝博上田二郎と投げ合うが3-4で惜敗した。大学同期に一塁手の灰山公章(日本楽器)がいた。

卒業後は社会人野球三菱自動車川崎に進む。1969年都市対抗に出場。2連続完投勝利で準々決勝に進むが、大昭和製紙に惜敗。1972年都市対抗でも2勝を挙げ決勝に進む。先発として起用され日本楽器と対戦するが、1回に小田義人に適時二塁打を浴び、打線も新美敏に抑えられ完封を喫する[3]。しかし同大会の久慈賞を獲得した。この時のチームメイトに原田俊治鈴木博昭らがいた。同年のアマチュア野球世界選手権日本代表に選出される。同年の1972年のドラフト会議東映フライヤーズから5位指名を受けたがこれを拒否。翌1973年都市対抗では日本鋼管に補強され出場。古屋英雄上岡誠二とともに投手陣の中心となり、準々決勝では小西酒造を相手に先発し初勝利。決勝でも中継ぎとして登板し日産自動車に大勝、チーム初優勝に貢献した[3]。同年にはインターコンチネンタルカップ、第10回アジア野球選手権大会の日本代表となる。

現役引退後は三菱自動車川崎監督をつとめた。

脚注編集

  1. ^ a b 「日本社会人野球協会会報1972」日本社会人野球協会 1973年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集