メインメニューを開く

及川 健(おいかわ けん、2月10日 -)は、千葉県出身の日本俳優である。本名は同じ。血液型はA型、星座はみずがめ座。身長159cm。趣味は絵画・球技全般、特技はグラフィックデザイン、ダンス。CUBE所属。劇団Studio Life(スタジオライフ)に籍をいている。

おいかわ けん
及川 健
本名 及川 健
生年月日 2月10日
出生地 日本の旗 日本 千葉県
身長 159cm
血液型 A型
職業 俳優
事務所 CUBE
テンプレートを表示

人物・経歴編集

  • 学校でデザインの勉強をし、グラフィックデザイナーとして働いた後、脱サラして俳優養成所に入る。
  • 養成所の公演において、劇団スタジオライフの倉田淳に見出されて、スタジオライフ公演「トーマの心臓」に客演として出演する。その後、スタジオライフに正式に入団し、以後、劇団の看板役者の一人として、小柄で華奢な体格と可愛らしい笑顔から、主に女性役、美少年役を中心に演じている。近年はスタジオライフ公演以外の出演も多く、男役も積極的にこなしている。
  • また、2006年には新納慎也と東京會舘において初のトークショーを行った。

主な出演作品編集

舞台(スタジオライフ公演を除く)編集

  • 「ダブリンの鐘つきカビ人間」(パルコ・リコモーション提携公演、2002年・2005年)嘘吐き天使 役
  • 「イーストウィックの魔女たち」(2005年)フィデル 役
  • 怪談狂言「耳なし芳一」 〜小泉八雲没後100年記念
  • 「天守物語」(泉鏡花原作/野村万乃丞演出、セルリアンタワー能楽堂)
  • 「LOOT 〜薔薇と棺桶〜」(2006年)
  • 「ROCK'N JAM MUSICAL II」(2006年)
  • 「烏賊ホテル」(2006年、俳優座劇場)
  • 「丹波屋物語」(2006年)
  • 「イーストウィックの魔女たち」再演(2007年、帝国劇場)フィデル 役
  • 「森は生きている」(2007年、シアター1010
  • 赤坂RED/THEATERプロデュース「絢爛とか爛漫とか」(2007年)
  • 「ROCK'N JAM MUSICAL II」再演(2007年、シアター1010)
  • 本格文學朗読劇「極上文學」『Kの昇天〜或はKの溺死〜』(2014年、全労済ホール スペース・ゼロ)主人公 役

Studio Life公演編集

テレビ編集

  • 「ポリャンスキーの脳〜真実のSF〜」(CX)
  • 「サイコドクター」(2002年、NTV)レギュラー 忍 役
  • リモート」 第8話(NTV)山田茂 役
  • 「警視庁捜査一課9係」 第7話(ANB)

CM編集

  • スーパーファミコンソフト「豪血寺一族」

雑誌編集

  • 「Look at star」(TV LIFE別冊) エッセイ「KEN PRESS for LOOK at STAR!」 ※現在は連載終了

その他編集

外部リンク編集