吉岡史郎

吉岡 史郎(よしおか しろう、1935年7月18日[1]- )は、岡山県出身のプロ野球選手投手)。

吉岡 史郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1935-07-18) 1935年7月18日(82歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

岡山県都窪郡福田村出身。関西高校から1954年高橋ユニオンズへ入団。カーブ、ドロップ、シュートを武器に貴重な左腕投手として戦力不足のチームでは貴重な存在であった。

1954年に一塁走者として出塁したときに、併殺球を頭部に受けて昏倒した[2]

1957年は球団が吸収合併され大映ユニオンズに移籍し、同年で引退した。

背番号編集

  • 40 (1954年)
  • 22 (1955年 - 1956年)
  • 36 (1957年)

成績編集

109試合8勝20敗1完投133奪三振285回、防御率4.23

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「プロ野球人名事典2001」559P、森岡浩、日外アソシエーツ発行、紀伊國屋書店発売、2001年、ISBN 978-4816916694
  2. ^ [春の球人]高橋の巻 厳格、型変わりな日課 投手では吉岡(関西高)が台頭か 読売新聞 1955年1月29日 朝刊4ページ

関連項目編集