メインメニューを開く
本来の表記は「Tsuchiyoshi.svg野 正弘」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

吉野 正弘(よしの まさひろ、1962年10月24日[1] - )は、日本の俳優である。東京都出身[1]文学座所属[2]

よしの まさひろ
吉野 正弘
生年月日 (1962-10-24) 1962年10月24日(56歳)
出生地 日本の旗 東京都
職業 俳優
事務所 文学座
テンプレートを表示

出演編集

舞台編集

1988年

  • 初舞台『近松女敵討』(文学座本公演)サンシャイン劇場

1989年

  • 『舞台版・神々の深き欲望』(文学座アトリエ公演)

1991年

  • 『ジュリアスシーザー』(グローブ座)
  • 『アントニーとクレオパトラ』(グローブ座)

1992年

  • 『アナザータイム』(本公演)サンシャイン劇場
  • 『プリマスの黄金』(劇工房ライミング)ベニサンピット
  • 『ソング・オブ・サイゴン』(パルコ劇場プロデュース)パルコ劇場
  • 『お気に召すまま』(ライミング)ベニサンピット
  • 『雨』(SHU企画)

1993年

  • 『ソング・オブ・サイゴン』(パルコ劇場)新神戸オリエンタル劇場
  • 『花の氷室』(アトリエ)

1995年

  • 『メモランダム』(アトリエ)

1996年

  • 『特ダネ狂騒曲』(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『日本漂流』(世田谷スタジオAR)

1997年

  • 『柘榴のある家』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

1998年

  • 『華岡青洲の妻』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

1999年

  • 『月がとっても蒼いから』(本公演)大田区民プラザ

2000年

  • 『モンテ・クリスト伯』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
  • 『華岡青洲の妻』(本公演)旅公演

2002年

  • 『山ほととぎすほしいまま』(ポイント東京)ル テアトル銀座

2003年

  • 『モンテ・クリスト伯』(本公演)天王洲アートスフィア

2005年

  • 『毒の香り』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

2006年

  • 『エスペラント』(アトリエ)

2007年

  • 『その行間まで、100km〜東京T区母子餓死日記を読む〜』(アゴラ企画)こまばアゴラ劇場

2008年

  • 『長崎ぶらぶら節』(本公演)東京芸術劇場

2010年

  • 『タイピンにおける死』(アリストパネス・カンパニー)スタジオAR

2011年

  • 『猿』TBスタジオ
  • 『大逆の影』(アリストパネス・カンパニー)スタジオAR

2012年

  • 『長崎ぶらぶら節』(本公演)地方巡演
  • 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』御園座、南座、赤坂ACTシアター

2013年

  • 『不幸/一周忌』浅草見番

2014年

  • 『尺には尺を』[3]あうるすぽっと

テレビドラマ編集

映画編集

アテレコ編集

ラジオドラマ編集

  • 天空の道標

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 吉野正弘”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月9日閲覧。
  2. ^ 吉野正弘”. 文学座. 2017年1月9日閲覧。
  3. ^ 「尺には尺を」「お気に召すまま」2014年2月18日閲覧

外部リンク編集