メインメニューを開く

概要編集

とぼけた発明家ウォレスとしっかり者の犬のグルミットが主人公の、イギリスのアニメ工房アードマン・スタジオによる人気クレイアニメーション。1989年に制作された『チーズ・ホリデー』以降シリーズ化され、世界中に熱狂的なファンを持つ[1]

出来上がったモデルを少しずつ動かし撮影するコマ撮りによって制作されている。クレイアニメと呼ばれるが、登場キャラクターの製作には粘土ではなく、プラスティシン(カルシウム塩、ワセリン脂肪酸を合成して製造したパテ状のもの)という素材が使われている。これは粘土と違い、乾かないので何度も再利用でき、さらにアードマンは無色のプラスティシンで色づけをしている。

登場キャラクター編集

ウォレス(Wallace)
声の出演 - ピーター・サリス/日本語吹替 - 萩本欽一辻村真人NHK放送版)、津川雅彦スタジオジブリ配給版)
西ワラビー通り62番地に住む少々とぼけた自称天才発明家。寝つきがよく、宙づりにされても決して起きない。普段は白いシャツに茶色いズボン、緑色のセーターを着ている。お茶とボルドーワインを好み、新聞はモーニングポストとイブニングポストを購読している。かなりの楽天家である。チーズ(特にウェンズリーデール・チーズ)が大好物であり、野菜が大の苦手。そのためか最近は少し太り気味。ニック・パークの父親がモデルになっていると言われている他、ウォレスの大きな口などは声を務めたピーター・サリス自身がモデルになっている[2]
グルミット(Gromit)
ウォレスの永遠のパートナーのビーグル犬。しっかり者で言葉は話さないものの、字が読め、表情やジェスチャーが「口ほど」に物を言うキャラクター。たまに犬の鳴き声で吠えることもある。2月12日生まれ。コーンフレークが好物。編み物が得意で、機械工学に通じる。愛読書は、「犬でもわかる電子工学」「国家」(プルート[3])「罪と罰」(ドッグストエフスキー著[4])。好きな作曲家はバッハ。ドッグワーツ大学卒[5]
ショーン(Shaun)
なんでも食べる大食漢の羊。間違ってウォレスに刈られてしまった自分の毛で作られた服を着ている。体は小さいが、勇気は人一倍。日本語吹き替えではプルプルと呼ばれていた。「ウォレスとグルミット、危機一髪」と「ウォレスとグルミットのおすすめ生活」に登場。『ひつじのショーン』には主人公として登場。

エピソード編集

チーズ・ホリデー編集

原題は『A Grand Day Out』。ウォレスたちは週末の旅行にチーズを求めて月に行くことに。早速ロケットを作り月へと出発する。

ニック・パークが1982年に「美術学校の卒業制作」として手がけて、完成まで6年も費やしたデビュー作。1990年アカデミー賞短編アニメーション部門最優秀賞ノミネート(受賞した「快適な生活〜ぼくらはみんないきている〜」もニックパーク監督作品)。

  • 1990年ブリティッシュ・アカデミー・フィルム&テレビジョン・アーツグランプリ
  • 1990年ザグレブ映画祭アニメーション部門グランプリ

ゲストキャラクター編集

ロボット(Cooker)
月に捨てられてあった。コインを入れることによってその金額分動くことが出来る。月でウォレスたちが無断にチーズを採取していることに怒りマナーを正そうとする。ウォレスが置いていったスキーブックを見て地球に思いを馳せる。

ペンギンに気をつけろ!編集

原題は『The Wrong Trousers』。下宿人を装ってウォレスの家にやってきたペンギンのマッグロウの正体は指名手配中の泥棒だった。スリリングなクライマックスのサスペンスコメディー。ラストのスピード感溢れる列車追跡シーンはシリーズ屈指の名シーンである。

  • 1992年2月制作
  • 1993年シカゴ映画祭グランプリ
  • 1994年アカデミー賞短編アニメーション部門最優秀賞受賞
  • 1994年ザグレブ映画祭グランプリ

ゲストキャラクター編集

フェザーズ・マッグロウ(Feathers McGraw)
指名手配されていた泥棒。ウォレスが貸し部屋をすることに狙いをつけ下宿人として潜り込む。手配書にはとさかがあり、ニワトリだと騒がれていたが、実は赤いゴム手袋を被っただけのペンギン。グルミットの誕生日プレゼントである機械(テクノズボン)を使い、博物館に展示されていたダイヤモンドを盗むが警報装置を作動させてしまう。ウォレスとグルミットをタンスに閉じ込めてダイヤを持って逃げようとするも脱出され、上述の列車追跡の末に捕まり、刑務所(動物園)に収監された。

ウォレスとグルミット 危機一髪!編集

原題は『A Close Shave』。窓ふきサービスを始めたウォレスは、毛糸屋のウェンドレンに恋をする。羊のショーンが初登場。

  • 1995年ブリティッシュ・アカデミー・フィルム&テレビジョン・アーツグランプリ
  • 1996年アカデミー賞短編アニメーション部門最優秀賞受賞
  • 1996年サンフランシスコ国際映画祭ゴールデンゲート賞受賞

ゲストキャラクター編集

ウェンドレン(Wendolene)
声の出演 - アン・リード/日本語吹替 - 小原乃梨子八十川真由野スタジオジブリ配給版)
毛糸屋の女主人。プレストンの飼い主。
プレストン(Preston)
二足歩行が出来るウェンドレンの飼い犬。彼の正体はロボット犬で連続羊殺し犯。

ウォレスとグルミットのおすすめ生活編集

原題は『Wallace & Gromit’s Cracking Contraptions』。「サッカー」「おつかい」などの10話の短編からなる。公式サイトで公開された。

映画編集

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!編集

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」は、5年半の制作期間を経て公開されたシリーズ初の長編。原題は『The Curse of the Were-Rabbit』。ドリームワークス配給で2005年10月14日に全米及び全英公開。日本公開はアスミック・エース配給で2006年3月18日公開。2005年東京国際映画祭特別招待作品。『ティム・バートンのコープスブライド』や『ハウルの動く城』をおさえ、第33回アニー賞及び第78回アカデミー賞長編アニメ賞を受賞した。

テレビ放送編集

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢編集

 
撮影で使われたオースティン社A35の模型

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」は、イギリスで2008年12月25日にテレビ放映された作品。原題は『A Matter of Loaf And Death』。

日本では2009年7月18日より全国順次公開され、デジタルリマスター版の過去作品、「チーズ・ホリデー」「ペンギンに気をつけろ!」「危機一髪!」と同時上映された。

上映はスタジオジブリが配給し、ウォレス役が従来の萩本欽一からプロデューサーである鈴木敏夫の意向で津川雅彦が新たに起用された[6]。監督のニックも津川の演技に賛辞を送ったというが[7]、長年萩本の声で親しまれていたこともあって賛否両論を巻き起こした。

ストーリー編集

ウォレスとグルミットがパン屋を始めた頃、街でパン屋ばかりが狙われる連続殺人事件が起こっていた。
そんな時、ウォレスはかつてパンのCMで活躍していた女性、パイエラを助けたことがきっかけで、仕事そっちのけで彼女との交際を始めてしまう。
一方、グルミットの方もパイエラの飼い犬のフラフルスと恋に落ちた。
その後、ウォレスに代わってパイエラの財布を届けることになり彼女の自宅に行ったグルミットは、そこで彼女が連続殺人犯だと知ってしまう。
パイエラがウォレスを殺害しようとしているとアルバムを見せてウォレスに伝えようとしたグルミットだが、ウォレスと婚約したパイエラに感づかれてアルバムを燃やされてしまう。
そこでグルミットはパイエラがウォレスに手を出さない様見張るが、パイエラの策略でウォレスにお仕置きされる。
フラフルスのせいでウォレス殺害に失敗したパイエラは、激怒してウォレスを罵り帰宅した。
パイエラが激怒した理由が分からないウォレスの所に、ケーキを持ったパイエラが現れるが、何故かすぐ帰宅してしまった。
パイエラが渡したケーキの中には爆弾が仕掛けられていた。パイエラの自宅に潜入したグルミットはパイエラによってフラフルスと共に物置に閉じ込められるが、気球を使ってフラフルスと脱出した。
ウォレスが蝋燭に火をつけたとき、グルミットが戻ってきた。ケーキを持っていこうとしたグルミットにウォレスが飛び掛かった拍子にケーキから爆弾が飛び出し、ようやくウォレスはパイエラが自分を殺害しようとしている事に気付く。
実はパイエラはパンを食べ過ぎたせいで太ったために気球に乗れなくなったことでCMを降板されられ、その復讐のためにパン屋を殺害し続けていた。
グルミットとフラフルスはパイエラと戦うが、爆弾がウォレスのズボンに入ってしまい、勝利を確信したパイエラは気球で逃亡した。
とうとう爆弾は爆発したが、グルミットとフラフルスがウォレスのズボンにパン生地を大量に入れたために、尻が少し焦げただけで済んだ。一方パイエラは体重で気球が降下し、動物園のワニのいる池に落ち、そのままワニに襲われて死亡した。
フラフルスが居なくなった事を悲しみながらもウォレスとパン屋を続けることにしたグルミットの下にフラフルスが現れる。ウォレス・グルミット・フラフルスの3人はパンの配達に出発するのだった。

ゲストキャラクター編集

パイエラ(Piella Bakewell)
声の出演 - サリー・リンゼイ/日本語吹替 - 森公美子
フラフルス(Fluffles)
声の出演 - メリッサ・コーリアー

今後の制作について編集

コンスタントに新作が発表され続けたが、前述の『ベーカリー街の悪夢』を最後に2019年現在、新作は作られてない。これは長年ウォレス役を務めてきたサリスの体調が芳しくなく療養生活に入ったため他の役者を起用しての新作の製作を拒んだニック監督がサリスの回復を待って続編製作を休止していたためである[8]。だが、2017年にサリスは死去し、サリスを起用しての新作の製作は不可能となってしまった。サリスが没後のインタビューでニック監督はサリス以外の役者を起用しての新作への意欲を見せたものの、「ピーターの後継者を見つけるのは簡単なことではない」として、現在のところ新作の発表はされていない[9]

スピンオフ作品編集

ひつじのショーン編集

ひつじのショーン』(原題『Shaun the Sheep』)は、『ウォレスとグルミット、危機一髪』に初登場した羊のショーンを主人公とした1話7分のテレビアニメシリーズ。2007年制作。

広告編集

ルノー・カングー
ウォレスとグルミットがマスコットキャラクターとして使われている。
グリコ乳業
プッチンプリンのCMに登場。日本ではこのCMで「ウォレスとグルミット」を知ったという人も少なくない。
住友生命保険
キャンペーンキャラクターとして使われている。
トヨタ・エスティマ
トヨタ店の宣伝に使われている。
本田技研工業
低床・低重心ミニバンシリーズ[10]の総合的な宣伝キャラクターに使用されていた。

脚注編集

外部リンク編集