名古屋市公会堂

愛知県名古屋市の鶴舞公園内にある施設

名古屋市公会堂(なごやしこうかいどう)は、愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番3号にある施設[WEB 2]

名古屋市公会堂
Nagoya Civic Assembly Hall
Nagoya Civic Assembly Hall 2020-10 ac (1).jpg
情報
用途 公会堂
設計者 名古屋市建築課
施工 大林組清水組大阪鉄工所
管理運営 KNS共同事業体
構造形式 SRC造
敷地面積 6,402 m² [WEB 1]
建築面積 2,670 m² [WEB 1]
延床面積 11,939 m² [WEB 1]
階数 地上4階、地下1階
着工 1927年昭和2年)4月2日[WEB 1]
竣工 1930年(昭和5年)9月30日[WEB 1]
開館開所 1930年(昭和5年)10月10日[WEB 1]
所在地 466-0064
愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番3号
座標 北緯35度9分24秒 東経136度55分9秒 / 北緯35.15667度 東経136.91917度 / 35.15667; 136.91917 (名古屋市公会堂
Nagoya Civic Assembly Hall
)
座標: 北緯35度9分24秒 東経136度55分9秒 / 北緯35.15667度 東経136.91917度 / 35.15667; 136.91917 (名古屋市公会堂
Nagoya Civic Assembly Hall
)
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 2020年令和2年)8月17日
テンプレートを表示

概要編集

鶴舞公園内にある。

名古屋市公会堂条例に則って設置される。管理運営は従来は名古屋市文化振興事業団が行っていたが、2010年平成22年)4月1日付で愛知県舞台運営事業協同組合が指定管理者となった。2014年(平成26年)4月からはKNS(共立・名古屋共立・サンエイ)共同事業体が指定管理者となっている[WEB 1]

各階にそれぞれホールを持ち、コンサート会場やボクシング等の試合会場として利用されている。年末年始を中心とした時期に、LED照明を利用したライトアップが行われている。

歴史編集

昭和天皇御成婚を記念する事業として、1927年昭和2年)4月に起工。1930年(昭和5年)9月に完成し、同年10月に開館した。第二次世界大戦中は、高射第二師団司令部として利用され、公会堂としての機能は停止された[1]。戦後はGHQに接収され、1956年(昭和31年)まで連合軍兵士専用劇場として使用された。

1989年(平成元年)11月には名古屋市都市景観重要建築物に指定された[WEB 3]

2020年令和2年)8月17日には建物が国の登録有形文化財に登録された[2][3]

年表編集

フロア構成編集

2017年(平成29年)4月1日から2019年(平成31年)3月31日まで、改修工事のため休館の予定であった[WEB 4]が、同年3月22日に大規模改修が終了し、営業を再開。1階ロビー床に開館当時のモザイクタイルを再現。舞台奥行き1.8メートル拡張、デジタルサラウンドシステム導入。地下1階食堂跡に喫茶店営業[新聞 1]

4階 4階ホール・特別室・第7集会室[WEB 5]
3階 大ホール3階席・第4集会室・第5集会室・第6集会室・和室[WEB 5]
2階 大ホール2階席・第1集会室・第2集会室・第3集会室[WEB 5]
1階 大ホール1階席・控室・楽屋[WEB 5]
地下1階 喫茶室(コーヒールンバ - COFFEE Rumba - )・楽屋[WEB 5]

アクセス編集

名古屋市営地下鉄鶴舞線 鶴舞駅4番出口、またはJR中央本線 鶴舞駅からいずれも徒歩で約2分で到達できる[WEB 2]。または名古屋市営バス「鶴舞公園」停留所より徒歩で約3分[WEB 2]

自家用車は公会堂を取り囲んで整備された駐車場を利用できるが、収容台数が178台と限られ、普通車で30分ごと180円と高額になることから、公式サイトでは公共交通機関での利用を呼びかけている[WEB 2]

脚注編集

[脚注の使い方]

WEB編集

  1. ^ a b c d e f g “名古屋市公会堂 - 施設案内”. KNS共同事業体. http://www.nagoyashi-kokaido.hall-info.jp/about/ 2014年4月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d 交通アクセス”. 名古屋市公会堂. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ “名古屋市:都市景観重要建築物等指定物件”. 住宅都市局都市計画部都市景観室 (名古屋市). (2012年9月25日). http://www.city.nagoya.jp/kankou/category/358-1-0-0-0-0-0-0-0-0.html 2013年3月15日閲覧。 
  4. ^ http://www.nagoyashi-kokaido.hall-info.jp/oshirase_kyukan.html
  5. ^ a b c d e フロアマップ”. 名古屋市公会堂. 2019年5月5日閲覧。

新聞編集

  1. ^ 中日新聞朝刊: p. 16. (2019年3月23日) 

周辺施設編集

脚注編集

  1. ^ 公式サイト
  2. ^ 文化審議会の答申(登録有形文化財(建造物)の登録)について”. 文化庁. 2020年3月20日閲覧。
  3. ^ 名古屋市公会堂の登録有形文化財(建造物)登録について”. 名古屋市観光文化交流局文化歴史まちづくり部文化振興室 (2020年8月17日). 2020年10月18日閲覧。

外部リンク編集