名古屋駅新幹線口エスカ地下街中継局

名古屋駅新幹線口エスカ地下街中継局(なごやえきしんかんせんぐちエスカちかがいちゅうけいきょく)は、愛知県名古屋市中村区にあるギャップフィラー中継局である。

本記事では同時に設置されたAMラジオ放送再送信設備についても合わせて記述する。

概要編集

  • 所在地:名古屋市中村区太閤通「エスカ地下街[1]
  • 放送エリア:エスカ地下街(地下1階)の全域及び地下街駐車場(地下2階)の一部(AM放送は地下街駐車場(地下2階)の全域)[2]
  • 1日あたり利用者数:約50,000人[3]

デジタルテレビ放送編集

特定地上基幹放送局による。免許人は株式会社エスカ。

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 運用開始日
1 THK
東海テレビ放送
21 1mW 350μW 中京広域圏 -
2 NHK名古屋
教育
13 全国
3 NHK名古屋
総合
20 愛知県
4 CTV
中京テレビ放送
19 中京広域圏
5 CBCテレビ 18
6 NBN
名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
22
10 TVA
テレビ愛知
23 愛知県

FMラジオ放送編集

特定地上基幹放送局による。免許人は同上。

放送局名 周波数
MHz
空中線
電力
放送対象地域 運用開始日
ZIP-FM 77.8 50mW 愛知県 -
FMA
エフエム愛知
80.7
NHK名古屋
FM
82.5
愛知国際放送
愛称「RADIO-i」
79.5 50mW 中京広域圏及び静岡県外国語放送実施地域[4] -
(最後のRADIO-i)は廃止

AMラジオ放送編集

高周波利用設備[1]による。

放送局名 周波数
kHz
高周波出力 放送対象地域 運用開始日
NHK名古屋
第1
729 3W 中京広域圏 -
NHK第2 909 全国
CBCラジオ 1053 中京広域圏
SF
東海ラジオ放送
1332

歴史編集

  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)9月30日 - 愛知国際放送(RADIO-i)は閉局により再送信終了
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 免許人が放送波遮蔽対策推進協会と改称
  • 2019年(平成31年)3月18日 - 放送波遮蔽対策推進協会がFM放送の実験試験局を特定地上基幹放送局に種別変更した上で無線局の免許人の地位および高周波利用設備の許可を株式会社エスカに承継

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「エスカ地下街」においてワンセグ・FM・AM放送試験サービス開始(デジタルラジオ推進協会 報道資料 平成21年3月31日) - ウェイバックマシン(2009年4月24日アーカイブ分) (PDF) デジタルラジオ推進協会
  2. ^ 名古屋エスカ(NHKアイテック制作) (PDF) 放送波遮蔽対策推進協会 広報資料
  3. ^ 地下街遮へい対策事業について(デジタルラジオ推進協会) - ウェイバックマシン(2009年4月21日アーカイブ分)
  4. ^ 愛知県名古屋市瀬戸市豊田市岡崎市常滑市豊橋市・静岡県浜松市
  5. ^ 名古屋地下街「エスカ」でデジタルテレビ、ラジオの受信が可能に(東海総合通信局 報道資料 平成21年3月6日)(2011年12月6日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project

関連項目編集