メインメニューを開く

北条 光時(ほうじょう みつとき)は、鎌倉時代前期の武将。北条氏一門北条氏名越流の祖である北条朝時嫡男名越 光時(なごえ みつとき)とも。

 
北条光時
時代 鎌倉時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
改名 光時、蓮智(法名)
別名 名越光時
官位 越後守、右馬助、正五位下
幕府 鎌倉幕府
主君 藤原頼経頼嗣
氏族 北条氏 名越流
父母 父:北条朝時、母:大友能直の娘?
兄弟 光時時章時長時幸時兼教時時基
江間太郎親時江間次郎盛時政俊五郎政通勝観

生涯編集

第4代執権・北条経時早世すると、光時が前将軍・藤原頼経と共謀して新執権・北条時頼を廃しようとした謀反が発覚する(宮騒動)。『保暦間記』によれば、光時は時頼の執権就任に対抗し、「我は義時の孫なり。時頼は曾孫なり。」と述べたという。結局頼経派は敗北し、頼経は時頼によって京都へ送還され、光時は出家して弟らと共に時頼に降伏し、所領を没収されて伊豆国江間郷へ配流となった。子孫は名越流の嫡流から外れ、江間氏を称した。

得宗家と名越家の対立はその後も続き、二月騒動で弟・教時が再び謀反を起こして北条時宗に討伐されている。

関連項目編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木かほる 『相模三浦一族とその周辺史: その発祥から江戸期まで』(新人物往来社、2007年)P.231。