メインメニューを開く
和光検車区

和光検車区(わこうけんしゃく)は、埼玉県和光市にある東京地下鉄(東京メトロ)の車両基地である。東京メトロの車両基地としては唯一、埼玉県に立地する。有楽町線副都心線用の車両が所属している。

目次

概要編集

 
和光検車区入口付近

1987年昭和62年)に有楽町線の営団成増駅(現・地下鉄成増駅)- 和光市駅間開業に伴い、飯田橋駅 - 市ケ谷駅間に設置されていた飯田橋検車区の検車区機能を移転し、和光検車区が発足した。2009年(平成21年)度には新木場検車区が組織統合され、同車庫は和光検車区新木場分室となった[1]

この場所は米軍施設跡地を1969年(昭和44年)から1972年(昭和47年)にかけて東京メトロの前身の帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が8号線用車庫用地として取得していたものである[2] 。ほかに有楽町線には新木場分室があるが、所属車両はすべて本検車区である。

主な担当業務は列車検査・月検査や車輪転削、車両清掃や営業線対応である。有楽町・副都心線車両のほかに、車両転削の都合で千代田線・南北線車両を担当することがある。

  • 敷地面積:118,575m2 
  • 車両留置能力:10両編成35本・350両(2009年現在)
    • 計画当初は390両収容で、和光検車区発足当初は210両収容であった。

沿革編集

  • 1980年昭和55年)4月 - 和光検車区の建設工事を開始。
  • 1987年(昭和62年)6月15日 - 和光検車区準備事務所発足。
  • 1987年(昭和62年)8月12日 - 和光市延伸開業を前にして和光検車区が発足し、検車業務を開始。
  • 1993年平成5年)8月26日 - 同年10月4日まで有楽町線新線開業に伴い、留置線を2線増線。
  • 2005年(平成17年)9月25日 - 翌2006年9月29日まで副都心線開業用の車両増備に備え、留置線を13線増線。
  • 2009年(平成21年)度 - 新木場検車区を統合し、同区は和光検車区新木場分室となる。

車両基地設備編集

  • 建設当時の最終的な計画は以下のとおり。
    • 月検査庫 10両2線
    • 修繕庫 10両1線
    • 列車検査庫 10両3線
    • 転削庫 1線
    • 車両洗浄台 10両3線
    • 車両洗浄機 2基
    • 引上線 10両4線
    • 留置線 10両38線
  • このうち1987年発足当時には以下のとおり建設した。
    • 月検査庫 10両2線
    • 修繕庫 10両1線
    • 列車検査庫 10両3線
    • 転削庫 1線
    • 車両洗浄台 10両3線
    • 車両洗浄機 1基
    • 引上線 10両4線
    • 留置線 10両17線

拡張工事について編集

  • 前述したが、発足当時は収容数210両であったが、将来的には390両収容まで計画していた。その後、車両増備によって2度拡張工事を施工している。
  • 第2期拡張工事の施工された2009年現在は収容数350両となっているが、残り計画は50両分となっている[3]
    • 1度目は有楽町線新線開業時(新線池袋駅開業時)の車両増備で、1993年(平成5年)8月から10月にかけて留置線2本を増設した。
    • 2度目は副都心線開業に伴う大幅な車両増備で、2005年(平成17年)9月から翌2006年(平成18年)9月まで13線を増設した。この増設工事に用意した軌道資材のうち、半分は東西線の60kgレール化で、不要となった50kgNレールや枕木・バラストなどを再利用している[3]

この増線工事で、留置線は38線へと増線された。なお、当初計画より配線の見直しがあり、現状の収容数と上記の最終計画表とは一部一致しない。

配置車両編集

  • 7000系 180両
  • 10000系 360両
  • 07系を捻出する形で、2006年9月までに40両(10101 - 10104編成)が新製配置された。2007年に入って10105編成以降が増備された。

過去の配置車両編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京地下鉄「東京メトロハンドブック2009」参照。
  2. ^ 帝都高速度交通営団「東京地下鉄道有楽町線建設史」参照。
  3. ^ a b 東京地下鉄「東京地下鉄道副都心線建設史」を参照。

参考文献編集

  • 帝都高速度交通営団「東京地下鉄道有楽町線建設史」
  • 東京地下鉄「東京地下鉄道副都心線建設史」

関連項目編集