成増

東京都板橋区の町名
日本 > 東京都 > 板橋区 > 成増

成増(なります)は、東京都板橋区町名[5][6]。現行行政地名は成増一丁目から成増五丁目。住居表示実施済み。

成増
町丁
成増スキップ村商店街入口
地図北緯35度46分51秒 東経139度37分59秒 / 北緯35.780861度 東経139.633008度 / 35.780861; 139.633008
日本の旗 日本
都道府県 東京都の旗 東京都
特別区 板橋区
地域 赤塚地域
人口情報2023年(令和5年)10月31日現在[1]
 人口 29,991 人
 世帯数 17,065 世帯
面積[2]
  1.424039488 km²
人口密度 21060.51 人/km²
郵便番号 175-0094[3]
市外局番 03(東京MA[4]
ナンバープレート 板橋
ウィキポータル 日本の町・字
東京都の旗 ウィキポータル 東京都
ウィキプロジェクト 日本の町・字
テンプレートを表示

地理 編集

 
成増北口通り商店街

東京都板橋区西端に位置し、南は練馬区と、西は埼玉県和光市と隣接している。東武東上線を挟み、南側が成増一丁目・成増二丁目、北側が成増三丁目・成増四丁目・成増五丁目となっている。埼玉県との境は旧白子川などの流路が採用されているため、白子川を越えて和光市白子に食い込んでいる地域や、白子が成増側に食い込んでいる地域もある。

同地には東武東上線成増駅東京メトロ有楽町線副都心線地下鉄成増駅がある(両駅は200メートルほどしか離れていない)。池袋方面の隣駅はそれぞれ下赤塚駅地下鉄赤塚駅で、川越方面の隣駅はどちらも埼玉県和光市の和光市駅となる。

成増駅の南口には成増スキップ村と呼ばれる商店街があり、マクドナルド成増店などの商業施設のほか、高層マンションもある。モスバーガー発祥の地であり、モスバーガー1号店は成増店である。北口には西友などの商業施設がある。都市銀行はみずほ銀行三井住友銀行りそな銀行などの支店がある。

かつて南口にはダイエー成増店があったものの、2019年12月31日に閉店した。2020年7月23日現在、同店が入居していた建物にはバリケードが施されている。

成増駅及び地下鉄成増駅が最寄駅となる地区として、赤塚新町三丁目や赤塚三丁目、赤塚四丁目、赤塚五丁目、練馬区旭町、および埼玉県和光市白子などがある。

駅付近は賑やかであるが、徒歩10分強で南側にかつての成増飛行場跡の光が丘公園、北側には板橋区としては稀少な第一種低層住居専用地域指定の住宅地もある。成増五丁目の白子川沿いには日本で初めてポテトチップスの量産化に成功したことで知られるスナック菓子メーカーの湖池屋本社がある。

成増駅の南口側はほぼ平坦な地形だが、北口側は起伏に富んでおり坂が多い。

駅前再開発 編集

北口再開発が行われ、駅前ロータリーの整備・複合施設「ACT」・それと駅とを渡すデッキなどが完成(第一次)。さらにその後、複合施設「アリエス」も完成(第二次)。「ACT」の核は西友成増店とアクトホールで、「アリエス」内には板橋区立成増図書館、成増が丘郵便局ハローワーク池袋・成増ワークプラザ等がある。また、第一次、第二次に次ぐ再開発が検討されており(成増駅北口第三地区)、現在は地区の設定を含めて、整備内容等についての研究が行われている。

成増駅の南口側にはスキップ村やすずらん商店街など、古くからの商店街があり大規模な再開発は行われていない。ロータリーはあるがやや狭く、一般のが出入りするにはあまり余裕がない。地下鉄成増駅の出口は全て川越街道国道254号)沿いにある。

地価 編集

住宅地の地価は、2023年令和5年)1月1日公示地価によれば、成増1-16-1の地点で49万2000円/m2、成増2-29-7の地点で39万円/m2となっている[7]

歴史 編集

室町時代から明治時代にかけては赤塚六ヶ村(あかつかろっかそん)のひとつであった。成増エリアは1871年浦和県(現埼玉県)から東京府に編入され、1889年町村制により赤塚村大字成増となり、1932年昭和7年)に板橋区成増町となった。現在でも、行政の区分としては赤塚地域に含まれることが多い。

太平洋戦争中は、首都防空を担う旧陸軍航空隊の基地である「成増飛行場」があり、終戦後は大規模な拡張整備が施されアメリカ空軍住宅施設「グラントハイツ」として生まれ変わるが、返還後の跡地は光が丘団地などへと転用された。

地名の由来 編集

地名の由来は諸説あるが、この地を開墾した田中左京成益の名「成益」が転じて「成増」なったとする説が有力である。

世帯数と人口 編集

2023年(令和5年)10月31日現在(板橋区発表)の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
成増一丁目 3,840世帯 6,924人
成増二丁目 3,331世帯 5,555人
成増三丁目 4,360世帯 7,728人
成増四丁目 2,976世帯 5,049人
成増五丁目 2,558世帯 4,735人
17,065世帯 29,991人

人口の変遷 編集

国勢調査による人口の推移。

人口推移
人口
1995年(平成7年)[8]
22,985
2000年(平成12年)[9]
23,921
2005年(平成17年)[10]
24,197
2010年(平成22年)[11]
26,359
2015年(平成27年)[12]
28,464
2020年(令和2年)[13]
29,740

世帯数の変遷 編集

国勢調査による世帯数の推移。

世帯数推移
世帯数
1995年(平成7年)[8]
10,902
2000年(平成12年)[9]
11,979
2005年(平成17年)[10]
12,324
2010年(平成22年)[11]
13,818
2015年(平成27年)[12]
14,946
2020年(令和2年)[13]
16,001

学区 編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる(2021年8月時点)[14]

丁目 番地 小学校 中学校
成増一丁目 全域 板橋区立成増小学校 板橋区立赤塚第二中学校
成増二丁目 全域
成増三丁目 全域 板橋区立成増ヶ丘小学校
成増四丁目 1~20番
22~26番
29~31番
21番
27〜28番
32~40番
板橋区立三園小学校
成増五丁目 16~24番
1~15番 板橋区立成増ヶ丘小学校

事業所 編集

2021年(令和3年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[15]

丁目 事業所数 従業員数
成増一丁目 296事業所 3,444人
成増二丁目 301事業所 3,107人
成増三丁目 246事業所 2,880人
成増四丁目 92事業所 766人
成増五丁目 43事業所 544人
978事業所 10,741人

事業者数の変遷 編集

経済センサスによる事業所数の推移。

事業者数推移
事業者数
2016年(平成28年)[16]
1,036
2021年(令和3年)[15]
978

従業員数の変遷 編集

経済センサスによる従業員数の推移。

従業員数推移
従業員数
2016年(平成28年)[16]
10,549
2021年(令和3年)[15]
10,741

交通 編集

鉄道 編集

 
東武東上線成増駅南口

バス 編集

  • 成増駅周辺の川越街道上停留所は同一場所にあっても会社ごとに異なる名称がつけられている。西武バスの「成増町」と国際興業バス・東武バスの「成増駅入口」、国際興業バスの「成増駅前」と西武バスの「地下鉄成増駅」はそれぞれ同一の場所にある。
  • 国際興業バス
    • 成増駅北口・成増三丁目:赤02 志村坂下経由赤羽駅西口行き、増14 下笹目行き、増17 区立美術館経由高島平操車場行き、高01 西高島平駅経由高島平操車場行き
      • 増14系統は板橋区と埼玉県和光市・戸田市にまたがって運行され、後乗り前降り方式で、埼玉県内の停留所(笹目橋を含む)まで行く場合、一日乗車券は差額精算が必要となり、都区内均一定期券は利用できない。高01系統も経路途中で埼玉県和光市を通過するが、都区内均一運賃が適用され、一日乗車券・都区内均一定期券が利用できる。
    • 成増駅前:石03 練馬北町車庫行き ※石神井公園駅北口行きは停車しない。
  • 国際興業バス西武バス(共同運行)
    • 成増駅南口・成増駅入口(西武バスは成増町)・成増二丁目:石02・石03 白子向山・比丘尼橋経由石神井公園駅北口行き、増16 比丘尼橋行き
    • 成増一丁目:石03 練馬北町車庫行き(国際興業バス)、石03 成増駅南口行き(西武バス)、増16 成増駅南口行き
      • 石03系統の国際興業バス便は石神井公園駅北口-練馬北町車庫、西武バス便は石神井公園駅北口-成増駅南口の運行。石神井公園駅発の国際興業バス便は成増一丁目→成増駅南口→成増駅前→帳元、西武バス便は成増一丁目→成増駅南口(終点)と運行する。石神井公園駅行きの国際興業バス便は帳元→成増駅南口→成増駅入口→成増二丁目、西武バス便は成増駅南口(始発)→成増町(成増駅入口と同一場所)→成増二丁目と運行する。
  • 西武バス ※出入庫に伴う区間運転系統は省略。
    • 成増駅南口:泉33 大泉学園駅北口行き、練47 下赤塚駅経由練馬駅北口行き、光31 光が丘駅行き、練高01 練馬高野台駅行き
    • 地下鉄成増駅:練47 下赤塚駅経由練馬駅北口行き、光31 光が丘駅行き、練高01 練馬高野台駅行き
    • 成増町:泉33 大泉学園駅北口行き・成増駅南口行き、練40 練馬駅北口行き、吉60 上石神井駅経由吉祥寺駅行き
    • 成増一丁目:吉60・練40 成増町行き
    • 成増二丁目:吉60 上石神井駅経由吉祥寺駅行き、泉33 大泉学園駅北口行き・成増駅南口行き、練40 練馬駅北口行き


  • 東武バス
    • 成増駅北口・成増坂上・成増北口通り・瑞光橋:増07 成増駅北口始発宮本循環(宮本先回り、南市場先回り)、増09 和光市駅北口行き、増10 和光市駅南口行き
    • 成増駅南口・成増駅入口:増32 南大和行き、和06 埼玉病院経由和光市駅南口行き

道路 編集

成増を取り扱った作品 編集

その他 編集

日本郵便 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 令和5年 町丁目別年齢別人口表 - 令和5年11月1日 町丁目別年齢別人口表(1歳刻み)” (CSV). 板橋区 (2023年11月2日). 2023年11月17日閲覧。 “(ファイル元のページ)(CC-BY-4.0)
  2. ^ 『国勢調査町丁・字等別境界データセット』(CODH作成)”. CODH. 2023年11月17日閲覧。(CC-BY-4.0)
  3. ^ a b 成増の郵便番号”. 日本郵便. 2023年11月17日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  6. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  7. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査”. 国土交通省. 2023年11月17日閲覧。
  8. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ a b 令和2年国勢調査の調査結果(e-Stat) -男女別人口,外国人人口及び世帯数-町丁・字等”. 総務省統計局 (2022年2月10日). 2022年2月20日閲覧。
  14. ^ 板橋区立小中学校 住所別通学区域校一覧” (PDF). 板橋区 (2021年7月30日). 2023年11月17日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  15. ^ a b c 経済センサス‐活動調査 / 令和3年経済センサス‐活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 事業所数、従業者数(町丁・大字別結果)”. 総務省統計局 (2023年6月27日). 2023年9月15日閲覧。
  16. ^ a b 経済センサス‐活動調査 / 平成28年経済センサス‐活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果”. 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  17. ^ 郵便番号簿 2022年度版” (PDF). 日本郵便. 2023年10月28日閲覧。

外部リンク 編集