唐栄鉄工廠(とうえいてっこうしょう)は台湾の企業家である唐栄1940年に創立した[1]鉄鋼メーカーである。

唐栄鉄工廠股有限公司
Tang Eng Iron Works Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 台湾店頭市場20352006年7月7日上場
本社所在地 中華民国の旗 中華民国 (台湾)
812-60
台湾高雄市小港区沿海二路4号
設立 1955年4月26日(公司登記日)
業種 鉄鋼
事業内容 ステンレス鋼製造
代表者 董事長:呉豊盛
総経理:趙健在
従業員数 4,994人
主要子会社 台湾車輛股有限公司
唐栄車輛科技股有限公司
唐栄文教基金会
外部リンク http://www.tangeng.com.tw/
テンプレートを表示
唐栄鉄工廠股份有限公司
各種表記
繁体字 唐榮鐵工廠股份有限公司
簡体字 唐荣铁工廠股份有限公司
拼音 Tángróng Tiěgōngchǎng Gǔfènyǒuxiàngōngsī
英文 Tang Eng Iron Works Co., Ltd.
テンプレートを表示
台北機械廠における1970年代の工場配置 着色部分は鉄道車両生産拠点を示す。
1998年ごろの新竹新豊工場(湖口郷)

概要編集

唐栄鉄工廠は1940年、日本統治時代の台湾において唐栄鉄工所として設立された。第二次世界大戦後、台湾に遺された日本資本の製鉄設備を買い入れて唐栄鉄工廠と改名した。かつては台湾で最大の民間企業であり、台湾全土に多くの鋼鉄加工事業所を持った。

ところが董事長代表取締役に相当)の唐栄は陳誠蔣経国による蔣介石の後継者争いに巻き込まれることとなる。唐栄鉄工廠はオールド台湾ドルからニュー台湾ドルへのデノミネーションに際して援助を受けるなど陳誠と縁の深い企業であった[2]が、陳誠の死去により蔣経国が後継者に確定したこともあり、中華民国政府に接収され、1962年より台湾省省営事業とされた。唐栄は失意のうちに亡くなった。

その後台湾が飛躍的な経済成長を遂げると、産業保護条例により守られていた唐栄鉄工廠は国外の同業他社との競争についていくことができず、業績は下落した。1999年の政府制度改革により経済部に属する国営事業となった。2006年8月には株式上場を果たし、再び民営化されることとなった。

2002年、唐栄鉄工廠は中国鋼鉄日本車輌住友商事との4社合弁で台湾車輌を設立し、鉄道車両の生産を分社化した。バス製造事業についても同様に、唐榮車輌科技股有限公司として分社化が行われた。

製品編集

鉄道車輌事業部編集

台湾鉄路管理局
林務局嘉義林区管理処(阿里山森林鉄路
林務局羅東林区管理処(太平山森林鉄路
  • 太平山蹦蹦[3]
林務局新竹林区管理処
台北市政府捷運工程局
亞洲水泥
韓国鉄道庁
  • 客車各種[3]
サウジアラビア鉄道
  • 貨車各種[3]

バス車両事業部編集

交通部公路局/台湾汽車客運公司(現在の国光汽車客運
台北市公車処(現在の大都会客運
  • インターナショナル自動車3000REシャシーの車体
欣欣客運
  • 日野ERK2JMLシャシーの車体(一部)
  • いすゞLT134Lシャシーの車体(一部)
嘉義客運
三重客運
  • いすゞLT134PRKシャシーの車体(一部)

出典編集

参考資料編集

外部リンク編集