メインメニューを開く

四年三組のはた』(よねんさんくみのはた)は、宮川ひろによる児童文学作品。1975年日本偕成社から刊行された。小学4年生のクラスを舞台に、出産を控えた女性教員とクラスの児童、そして産休補助教員(作中では「るすばん先生」と表記)の交流を描いた作品である。

四年三組のはた
著者 宮川ひろ
イラスト 武部本一郎
発行日 1975年2月1日
発行元 偕成社
ジャンル 児童文学
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 166
公式サイト www.kaiseisha.co.jp
コード ISBN 978-4-03-641020-0
ISBN 978-4-03-550610-2文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

宮川には産休補助教員の経験があり、この題材を扱った作品としては『るすばん先生』(1969年)に次ぐものである[1]

1976年に、日活により日活児童映画の1本として映画化されている。また1982年にはテレビドラマ化されている。

目次

物語編集

舞台はある小学校の4年3組。始業式の日、若い女性の木村先生が担任となる。彼女は前の年も4年3組を受け持っていた。木村先生は、自分が妊娠中で10月に出産予定だと児童に告げる。そのうえで、「聞ける人は自分が生まれてきたときのことを聞いて書いてきてほしい」と話した。児童の本間ゆう子は八木敏夫ら男子児童から「本当の母親じゃないから聞けない」「今の母親は父親が好きで結婚した」といった言葉をかけられる。ゆう子の生母はまだ赤ちゃんの頃に病死し、3歳の時に再婚した看護師が今の母親だった。帰宅したゆう子は生母のアルバムを探すが、見つけることはできなかった。一人で銭湯に行ったゆう子は、クラスメイトで日頃「臭い」といわれて交友もない中川京子が妹や同居するいとこと来ているのに出会う。

敏夫ら一部の児童の母親は、出産予定の女性が担任では勉強の遅れが生じるのはないかという懸念を校長に伝えた。女性の校長は、木村先生の希望で前年と同じ学齢の担任としたことを話し、出産の機会に立ち会うことが少ない今の子どもには「目習い」の教育にいいチャンスだと説得した。

数日後、ゆう子は初めて京子の家に行く。家は双眼鏡の部品を作る工場を兼ね、京子がいとこ(両親は他界)と合わせて5人の子どもたちの面倒を見ていること、両親が多忙なときには料理も作っていることを知る。さらに、京子が木村先生の安産を祈って犬の折り紙を1000個作ろうとしていることを教えられる。ゆう子はクラスで紹介して手伝ってもらおうと話したが、誰も聞いてくれないと京子は答え、二人だけで折ることになった。

ある日、給食の時間に京子を「スカンク」とからかった敏夫の発言をきっかけに、ゆう子の訴えで臨時の学級会が開かれる。ゆう子は京子が家では熱心に手伝いをしていることを紹介した。先生は誰にでもにおいはある、京子のにおいは手伝いのにおいだから恥ずかしがることはないと諭した。翌日、木村先生は、児童に対して、学習・遊び・手伝いで自分がやったことと気づいたことを一週間毎日つけるカードを配り、集めたカードには感想を書いて返した。ゆう子はその感想で手伝いをすることを薦められ、帰宅して掃除しているときに、今の母親が幼い自分と会ったことを「お見合いで好きになった」と記した写真を見つける。その写真を学校に持参して敏夫に見せると、この間の言葉は本気ではなかったと謝った。

木村先生が岩田帯を締める5月16日のの日までとしていた犬の折り紙は、1000個に遠く及ばなかった。京子がゆう子の助けで教室でほかの児童に一人10個折ってくれるように頼むと、無事1000個に達し、木村先生に渡すことができた。その後、体育のポートボールでゴール役を務めた京子は、大きな声を出せるようになった。

木村先生は学校のプール掃除に参加したことが原因で腹痛を起こし、一週間安静が必要となる。自習となった日、他の教員の発案で、東京の交通図を作って行ったことのある場所を記入する授業がおこなわれた。京子が水天宮に行ったことがあると話したのをきっかけに、木村先生の安産祈願でみんなで水天宮に行くことが決まる。翌日、児童たちは先生や親には告げずに昼食後に揃って電車で水天宮まで出かけ、無事に学校に戻る。心配した親たちをなだめた校長先生は、児童たちには親によくわびるよう諭した。翌日の放課後、児童たちは木村先生の自宅を訪れ、買ってきた絵馬を手渡した。

二学期になり、出産休暇に入った木村先生に代わり、「るすばん先生」として年配の横山先生が担任となる。9月6日のゆう子の誕生日に、ゆう子の父は初めて生母の写真をゆう子に見せる。死んだ母を懐かしむより、今の母親を大事にしてほしいという思いから、この日まで見せないことにしていたと父は話した。数日後、昼休みに木村先生が教室を訪れる。児童たちは喜んだが、ゆう子は横山先生が寂しそうに見えたことを気にして、京子とともに木村先生を見送らなかった。敬老の日の連休が明けたあと、横山先生はかつて自分が出産の時に「るすばん先生」が来たこと、木村先生が来訪した際にそのときの彼女の気持ちを思いやったこと、敬老の日に当時のクラス会があって、教え子たちと「るすばん先生」に会ったことを児童に話し、「とてもいいお休みをさせてもらいました」と嬉しそうに述べた。

10月10日の運動会では4年3組の発案で、ボール紙で作った聖火リレーと聖火台が実施されることになる。また各クラスで旗を作ることも決まり、4年3組では二人の先生と木村先生の赤ちゃんを描いた京子の案が採用された。運動会当日、すべてのプログラムが終わったあと、木村先生に女児が誕生したことが伝えられた。

舞台設定編集

児童たちが水天宮に行く際は、成増駅から東武東上線に乗ったとあり[2]、木村先生の自宅は志木駅が最寄りと記されている[3]

「9月6日が土曜日」[4]「敬老の日と日曜が連休」[5]という記述があり、これらは本作の初版が刊行された1975年のカレンダーと一致する。また、偕成社文庫版(1979年初版)では水天宮に行く際の交通費(小児運賃)が「(成増から)秋葉原まで70円、そこから地下鉄日比谷線人形町まで30円」とある[6]

映画版編集

四年三組のはた
監督 藤井克彦
脚本 勝目貴久
原作 宮川ひろ
製作 結城良煕、樋口弘美
音楽 石川鷹彦
撮影 水野尾信正
編集 松本フサ子
製作会社 日活
配給 日活
公開 1976年11月14日
上映時間 86分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

16mmフィルム作品で、日活児童映画の4作目として制作された。昭和51年度文化庁芸術祭参加作品。上映時間は86分。

ストーリーはおおむね原作に沿っているが、細かいエピソードの入替えや改変・追加のほか以下のような設定や内容の変更がある。

  • 小学校の校長は男性。
  • 京子の自宅の職業が印刷所となり、同居しているのはいとこではなく印刷所従業員の交通遺児となっている。京子の姓は「宮崎」である。
  • ゆう子が京子と関わりを持つのは放課後に京子が買い物をしているとき。また、ゆう子がクラスの児童たちを京子の自宅に連れてきてにおいの正体を直接教える描写がある。
  • ゆう子が母親との「お見合い写真」を発見するエピソードはない。
  • 児童が水天宮に行くのは横山先生の着任後(木村先生が救急搬送されたことがきっかけ)。
  • ポートボールや運動会のエピソードは使用されていない。
  • タイトルとなっている「旗」は木村先生の復帰に伴い離任する横山先生への感謝パーティーの際に児童が贈ったもので、絵柄は二人の先生と児童全員の似顔絵である。

ロケは日活の撮影所のある調布市やその近辺でおこなわれており、「協力」として調布市立滝坂小学校の名前が記載されている。水天宮に行くエピソードでは児童は京王線に乗り、新宿駅から地下鉄丸ノ内線銀座駅に出て日比谷線に乗り換えている。

スタッフ編集

出演編集

主題歌編集

「四年三組のはた」
作曲 - 石川鷹彦 / 作詞 - 藤川桂介

推薦等編集

選定
文部省
推薦
青少年映画審議会・中央児童福祉審議会日本PTA全国協議会・優秀映画鑑賞会・日本映画ペンクラブ・日本映画復興会議・東京母親大会連絡会・親子映画東京連絡会
特選
東京都教職員組合

受賞編集

  • 1976年テヘラン国際児童映画祭 - 作品賞・監督賞
  • 昭和52年度児童福祉文化賞 - 映画部門[7]

テレビドラマ編集

四年三組のはた
ジャンル 児童向けドラマ
原作 宮川ひろ
出演者 吉沢京子
原口剛
中島香葉子
ナレーター 木内みどり(おはなし)
プロデューサー 小野耕人中曽根千治(東映)、小泉美明(テレビ朝日)
制作 テレビ朝日東映
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1982年5月11日
放送時間 火曜19:30 - 20:00
放送枠 ハウスこども劇場
放送分 30分
回数 1
公式ウェブサイト

1982年5月11日テレビ朝日系列児童向けドラマ枠『ハウスこども傑作シリーズ』(ハウス食品一社提供)で放送された。

スタッフ編集

出演者編集

テレビ朝日系列 ハウスこども傑作シリーズ
前番組 番組名 次番組
キャプテンはつらいぜ
(1982年5月4日)
四年三組のはた
(1982年5月11日)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山花郁子「解説」『四年三組のはた偕成社偕成社文庫〉、1979年3月7日、168-174頁。ISBN 978-4-03-550610-2ASIN 4035506109
  2. ^ 偕成社文庫版、p.121
  3. ^ 偕成社文庫版、p.133
  4. ^ 偕成社文庫版、p.138
  5. ^ 偕成社文庫版、p.146
  6. ^ 偕成社文庫版、p.117
  7. ^ 過去の児童福祉文化賞受賞作品一覧”. 児童健全育成推進財団. 2017年6月27日閲覧。

関連文献編集

  • 宮川ひろ「「四年三組のはた」の場合--「目習い」の視点から」『日本児童文学』1976年12月号、日本児童文学者協会。

外部リンク編集