メインメニューを開く

南 美江(みなみ よしえ、1915年10月5日 - 2010年8月6日)は、日本女優演劇集団 円所属。本名は南波 房江(なんば ふさえ)。

みなみ よしえ
南 美江
南 美江
1952年
本名 南波 房江
別名義 美空 暁子
生年月日 (1915-10-05) 1915年10月5日
没年月日 (2010-08-06) 2010年8月6日(94歳没)
出生地 日本の旗 日本広島県広島市
死没地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
職業 女優
活動期間 1933年 - 2001年
活動内容 映画・テレビドラマ・舞台
配偶者 なし
主な作品
テレビドラマ
ムー
ムー一族
虹を織る
ノンちゃんの夢
僕らに愛を!

映画
Wの悲劇
テンプレートを表示

来歴・人物編集

広島県広島市出身。

神奈川県横浜市で育ち、横浜第一高等女学校(後の神奈川県立横浜平沼高等学校)を卒業後、宝塚音楽歌劇学校(後の宝塚音楽学校)に入る。

1933年、宝塚少女歌劇団(後の宝塚歌劇団)に入団し、『トウランドット姫』で初舞台を踏む。入団時の成績は76人中2位[1]23期生

美空暁子の名で男役として活躍する。愛称は「ナンちゃん」。

1941年、「戦時色が濃くなり、夢がなくなった」として退団。

かかり付けの医師が長岡輝子の知人だったことから、1942年文学座研究生となり、南美江の名で、1944年に初舞台を踏んで以降、文学座で活動。

1951年に放送されたラジオ東京(現・TBSラジオ)の『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』で一般には知られるようになった。

1963年に文学座を退団し、賀原夏子らとグループNLTを結成。

その後浪曼劇場劇団雲を経て、1975年芥川比呂志中村伸郎らと演劇集団 円を創立。

1983年には『サド侯爵夫人』で紀伊國屋演劇賞を受賞する。1988年勲四等瑞宝章を受章。

晩年は高齢者施設で暮らし、2010年8月6日肺炎のため横浜市内の病院で94歳で死去[2]。生涯独身だった。

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

宝塚歌劇団退団後の主な出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

ラジオドラマ編集

吹き替え編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P22。ISBN 9784484146010
  2. ^ “映画、ドラマで老婦人役…南美江さんが死去”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年8月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/08/08/kiji/K20100808Z00001610.html 2017年6月22日閲覧。 
  3. ^ 映像が現存し、2013年10月14日にNHK BSプレミアムで放映
  4. ^ 「ムー」の続編にあたるこのドラマでは、うららは既に亡くなっているのでクレジットでは「うららの幽霊」(遺影のうららが動く)となっている。

外部リンク編集