メインメニューを開く

四日市中央緑地陸上競技場

日本の陸上競技場

四日市市中央陸上競技場[1](よっかいちしちゅうおうりくじょうきょうぎじょう)は、三重県四日市市中央緑地公園にある、四日市市が所有する陸上競技場。旧名称は「四日市中央緑地陸上競技場」だったが、2019年4月より施設名称が現在のものになった。指定管理者特定非営利活動法人四日市市スポーツ協会。

四日市市中央陸上競技場
"中央緑地陸上競技場"
四日市中央緑地陸上競技場の位置(三重県内)
四日市中央緑地陸上競技場
施設情報
所在地 365-0028
三重県四日市市日永東一丁目3番21号
位置 北緯34度57分8秒 東経136度36分43秒 / 北緯34.95222度 東経136.61194度 / 34.95222; 136.61194座標: 北緯34度57分8秒 東経136度36分43秒 / 北緯34.95222度 東経136.61194度 / 34.95222; 136.61194
開場 1968年昭和43年)9月24日
修繕 2020年令和2年)10月改修完了予定
所有者 四日市市
運用者 四日市市体育協会
グラウンド 8レーン(直走路9レーン)
ピッチサイズ 105m×68m
照明 夜間照明設備あり
大型映像装置 なし
旧称
四日市中央緑地陸上競技場
使用チーム、大会
四日市陸上クラブ
三泗陸上競技選手権大会
三重県中学校駅伝競走大会
ヴィアティン三重JFL2017年
収容能力
10,000人
アクセス
近鉄名古屋線新正駅から徒歩約13分(約1.1km

概要編集

四日市市中央陸上競技場および四日市市中央フットボール場Aフィールドで構成されている。

四日市市中央陸上競技場編集

日本陸上競技連盟公認第二種競技場

床面積(m2 施設
3階 1,198.24 観覧席
2階 764.53
1階 1,123.56 事務所・更衣室(男女)・器具庫・会議室・役員室・トイレ
  • その他
  • 2019年7月より2020年10月まで日本陸上競技連盟第2種公認更新のため施設の大規模改修を行っており、現在は使用不可となっている。そのため、この施設で行われていた陸上競技の試合や体育祭等はAGF鈴鹿陸上競技場を主に利用して開催されている。

四日市市中央フットボール場Aフィールド編集

  • 2018年に完成したサブトラック。なお、施設名称の通りインフィールドはJFA公認の人工芝サッカーコートになっており、その周囲に陸上トラックが敷いてある。
  • この施設は日本陸上競技連盟非公認のため練習使用のみとなっているが、全天候型の競技場である。
  • 1週400m4レーン(直走路は6レーン)。また、直走路のうち2レーンは150mとなっている。
  • 走幅跳や棒高跳の跳躍ピット、砲丸投や円盤投のサークル、やり投の助走路、障害競走の水濠は設置されていない。

沿革編集

1968年昭和43年)9月24日に竣工した。

利用する主な競技団体編集

主な開催試合編集

  • 三重県中学校駅伝競走大会[3] - 毎年11月に開催。競技場をスタート・ゴール地点とする。
  • 三重県高等学校陸上競技新人大会[3] - 毎年9月に開催。
  • 三泗地区陸上競技記録会 - 年数回開催[3]
  • 四日市シティロードレース&健康ウォーキング大会
  • ヴィアティン三重主催試合[6]

交通編集

脚注編集

参考文献編集

  • 中央緑地 - GREEN PARK GUIDE(四日市市公式サイト内)

関連項目編集

外部リンク編集