国道130号

日本の東京都を通る一般国道
一般国道

国道130号標識

国道130号
総延長 0.482 km
実延長 0.482 km
現道 0.482 km
制定年 1953年指定
起点 東京港東京都港区)(地図
終点 東京都港区
芝4丁目交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0015.svg国道15号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道130号の起点標。ゆりかもめ日の出駅付近

国道130号(こくどう130ごう)は、東京港から東京都港区芝1丁目に至る一般国道である。総延長が日本で2番目に短い国道である。

目次

概要編集

東京都港区内にある東京港の日の出桟橋付近から、西の旧海岸通りを経て、芝四丁目交差点で国道15号とを結ぶ一般国道の路線で、いわゆる港国道のひとつ。日本の国道としては、総延長は2番目に[1]、実延長は3番目[2][3]に短い路線である[注釈 1]。東京港とされる起点は、東京税関芝浦出張所から至近にある、ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線の高架下の東京都道481号新橋日の出ふ頭線との交点にあり、晴海ふ頭や豊洲ふ頭からは港湾を挟んで西に位置する。

東京都による都市計画路線名は「東京都市計画道路幹線街路補助線街路第196号線」である。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[4][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

短距離国道編集

総延長の順位(短距離として)

  1. 国道174号:187.1 m(日本一短距離の国道)
  2. 国道130号:482 m
  3. 国道198号:約600 m[8]

実延長の順位(短距離として)[2]

  1. 国道174号:187.1 m(日本一短距離の国道)
  2. 国道189号:372 m
  3. 国道130号:482 m

歴史編集

路線状況編集

通称編集

  • 旧海岸通り

道路施設編集

橋梁編集

  • 南浜橋

地理編集

起点付近は、日の出桟橋や芝浦ふ頭に近い位置にあり、近くにあるレインボーブリッジを眼前に見ることができる[5]。フェリーターミナルがある有明ふ頭までは離れており、台場や東京港の港湾を挟んで国道は北に位置する。

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
国道130号及び国道15号の方向標。(東京都港区芝四丁目交差点)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 総延長と実延長の違いは「延長 (日本の道路)」を参照のこと。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c d 2014年4月1日現在

出典編集

  1. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 7. 2014年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 日本の国道と浜通りの国道の比較”. 国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所. 2012年9月23日閲覧。
  3. ^ 浅井建爾 2001, p. 49.
  4. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  5. ^ a b c d 松波成行 2008, p. 102.
  6. ^ a b c d 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 7. 2017年3月6日閲覧。
  7. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  8. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 11. 2014年1月15日閲覧。
  9. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  10. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集