国道499号

日本の長崎県から鹿児島県に至る一般国道
一般国道

国道499号標識

国道499号
総延長 111.0 km
実延長 29.0 km
現道 27.2 km
海上区間 82.0 km
制定年 1993年指定
起点 長崎県長崎市
大波止交差点(地図
終点 鹿児島県阿久根市
阿久根駅前交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0202.svg国道202号
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道499号(こくどう499ごう)は、長崎県長崎市から鹿児島県阿久根市に至る一般国道である。

目次

概要編集

長崎市中心部から長崎半島を縦断して野母崎まで続き、天草灘の海上区間を経て阿久根市の国道3号に至る延長111 kmの一般県道の路線である。野母崎 - 阿久根間の海上区間は82 kmあり、陸上区間でもある実延長は29 kmである。陸上区間のほとんどは長崎県内にあり、鹿児島県阿久根市内の延長は、わずか62 mである[1][2]

国道499号の海上区間に就航するフェリー路線はなく、長崎市と阿久根市とは、国道251号国道389号口之津 - 鬼池航路および牛深 - 蔵之元航路(三和商船の牛深 - 長島航路)を経由することで行き来が可能である[注釈 1]

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[3][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

  • 1993年(平成5年)4月1日に一般国道499号(長崎市 - 阿久根市)として指定施行[6]。長崎県内の路線は殆どが長崎県道13号線長崎野母港線から国道499号に指定された。終点が鹿児島県阿久根市である理由は、1971年昭和46年)に脇岬港と阿久根港を結ぶカーフェリー構想が計画されていたためで、実際に1986年(昭和61年)から2000年(平成12年)まで臨時航路が開設されていたが、定期化には至らなかった[7]

路線状況編集

別名編集

  • 出島海岸通り(長崎市出島町)
  • 大浦海岸通り(長崎市常磐町)

海上区間編集

 
阿久根駅前交差点から望む鹿児島県区間の全景。延長は62 mで、突当りは阿久根漁港。

国道499号は、最も大きな路線番号をつける海上国道でもある[8]。長崎県長崎市の野母崎に位置する脇岬港から、鹿児島県阿久根市の阿久根駅前に位置する阿久根漁港までが海上区間になり[8]、路線総延長の7割強を占める。かつて、脇岬港 - 阿久根港とを結ぶ国道フェリーが運航されていたが、2000年にフェリーが廃止されてしまい、両県ともいわゆる盲腸線となっている[2]。2016年現在、海上区間を連絡する交通手段が存在しないため、この道路だけで長崎市と阿久根市を行き来することはできない。

道路施設編集

  • 玉江橋(中島川、長崎市元船町 - 同市出島町)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 国道324号安田産業汽船・茂木 - 富岡航路を経由するルートもあったが、この航路は2013年平成25年)10月31日付で廃止され、安田産業汽船は同時にこの航路から撤退した。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ 2005年1月4日に長崎市へ編入。
  4. ^ a b c d e f g h 2015年4月1日現在

出典編集

  1. ^ 『平成19年度道路現況調書』 鹿児島県土木部道路維持課、2008年。鹿児島県内の海上区間は41キロメートル。
  2. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 48-49、「国道の名所を行く/海に消える国道」より
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年8月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 28. 2017年5月6日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年8月22日閲覧。
  6. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成4年4月3日政令第104号)”. 法庫. 2013年8月22日閲覧。
  7. ^ 国道499号(海上国道)について”. 長崎県道路建設課. 2013年8月22日閲覧。
  8. ^ a b 松波成行 2008, p. 89.

参考文献編集

関連項目編集