メインメニューを開く

地底人』(ちていじん)は、いしいひさいちによる日本漫画作品、およびそれを原作とするOVA

目次

概要編集

初出は1979年漫画アクション増刊『スーパーフィクション』(双葉社)。後に『漫画アクション』1982年7月17日増刊号『いしいひさいち傑作作品集』に収録され、『月刊コミックNORA』(学習研究社)にも『地底人シリーズ』として掲載された。単行本は、1987年に双葉社より『地底人 暗黒魔團の陰謀』として刊行。2000年には同社より『地底人の逆襲』として文庫版で復刻された。1989年にはOVA化もされている。

人間とは別世界に潜む者たちを描いたSFナンセンス漫画で、毎回4ページの短編となっている。

登場人物編集

地底人
地底の奥底深くに潜む侵略者の一団。2等身に大きな口、頭部にランプが付いているのが特徴。地表征服を目論み、日々作戦を練って地底を抜け出そうとする。なお、いしいの別の作品『ののちゃん』にも登場している。
最底人
地底人たちの足元のさらに地底の奥底深く、遥か遥か地底の最深部の漆黒の闇に潜む侵略者の一団。地底人たちの侵略を企んでいる。

OVA版編集

1989年に2作製作された。いずれもDVD化はされていない。

いしいひさいちのナンダカンダ劇場1 これが噂の地底人 とにかく上が悪いんや!! (1989年)[1]編集

「地底人」以外にも、別のいしいの作品「さがし屋ケンちゃん宇宙旅行」「101匹忍者大行進」を収録している。挿入歌には忌野清志郎憂歌団、挿入曲には伊福部昭の「怪獣大戦争のマーチ」を起用し、声優には憂歌団の木村充揮を起用するなどネタ色を強めている。

スタッフ編集

  • 原作・構成:いしいひさいち
  • 企画:山中博彦
  • 製作:山川紀生
  • プロデューサー:林大三郎、室永昭司
  • プロデューサー/ディレクター:ひろせかずよし
  • チーフ・ディレクター:のなかかずみ
  • アニメーション:野中和実・木上益治・金海由美子
「101匹忍者大行進」
ディレクター:前園文夫
アニメーション:徳田悦郎
挿入歌:「もうかりまっか?」
作詞・作曲:忌野清志郎 / 演奏・編曲・歌:憂歌団

キャスト編集

いしいひさいちのナンダカンダ劇場2 地底人Ⅱ クリスマスはエエド (1989年)[2]編集

地底人たちのクリスマスのエピソードを収録。コメディはそれほど強くなく、劇中で様々なアーティストの曲が流れ、ミュージックビデオに近い作品となっている。

スタッフ編集

収録曲
DAY DREAM BELIEVERTHE TIMERS
スカー・ピープル(泉谷しげる
毎日(カステラ
あなほり(KUSU KUSU
X'mas Time(魚海洋司
大きなカブ(餃子大王
  • ジャケット・イラストレーション:安藤洋美
  • 企画協力:富岡雄一・チャンネルゼロ
  • 企画:山中博彦
  • 製作:山川紀生
  • プロデューサー:林大三郎、室永昭司
  • 製作担当:篠瀬義也、西谷弘子
  • 企画・プロデューサー:ひろせかずよし&ふじたりか
  • 企画・製作:BARQUE INC
  • アニメーション・監督:のなかかずみ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『いしいひさいちのナンダカンダ劇場1 これが噂の地底人 とにかく上が悪いんや!!』パッケージ裏面
  2. ^ 『いしいひさいちのナンダカンダ劇場2 地底人Ⅱ クリスマスはエエド』パッケージ裏面