来歴編集

小さな頃、ディズニー作品手塚アニメを見てアニメーションを志す[1]シンエイ動画、あにまる屋(現:エクラアニマル)を経て現在は京都アニメーションに所属、同社取締役。

アニメーターとしては多田文雄(多田文男)、演出家としては三好一郎の別名を持ち、京都アニメーション制作またはグロス請けのTVアニメ作品では別名義を使う傾向がある。ただし、本人及び社員はあくまで「お友達(同僚)」ということになっている[3]

映画『AKIRA』で同じ原画仕事を共にした沖浦啓之からは、「京都ではアニメーターの何たるかは、木上益治さんの背中を見ていれば全てわかる。」[4]井上俊之からは「新人の頃ライバルだったが、結局勝てなかった。アニメのセンスの良さでは未だに勝てない。」[5]と評される。また、武本康弘からは 「アニメーターとして京都アニメーションに入社した人間が木上さんにガツンとやられるのは通過儀礼。何か厳しいことを言われる訳では無いが、仕事に対する姿勢を見て衝撃を受ける。」との言葉を寄せれられる[1]

京都アニメーションプロ養成塾・アニメーター科の講師も務めるなど、若手の育成にも携わっている[6]

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

OVA等編集

  • いしいひさいちのナンダカンダ劇場1 これが噂の地底人 とにかく上が悪いんや!!(1989年)(アニメーション)
  • ウルトラ・スーパー・デラックスマン(1990年)(原画)
  • 新・同棲時代(1992年) (作画監督)
  • おじいちゃんの花火(1998年、人権啓発作品) (監督)
  • ゲートキーパーズ21(2002年)(絵コンテ・演出/作画監督)三好一郎/多田文男名義
  • MUNTO(2003年) (監督・脚本・演出・キャラクター原案)
  • MUNTO 時の壁を越えて(2005年) (監督・脚本・絵コンテ・演出)
  • フルメタルパニック! The Second Raid 特別版 OVA わりとヒマな戦隊長の一日(2006年) (原画)
  • 京都アニメーションCM「あじさい編」(2011年)原画
  • 京都アニメーションCM「発想編」(2012年)(絵コンテ・演出/原画)三好一郎/多田文男名義
  • 京都アニメーションCM「水泳編」(2013年)(原画)多田文男名義

ゲーム編集

コミック編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 2011年11月3日に京都文化博物館で行われた京都アニメーション・スタッフ座談会のトークショー発言より。
  2. ^ 空を見上げる少女の瞳に映る世界ラジオ、略して空上げラジオ最終回での発言より
  3. ^ THE☆アニメバカ一代 2007年6月19日 高橋博行の記述
  4. ^ PA works Anime Runner”. PA works. 2016年10月12日閲覧。
  5. ^ 井上・今石・小黒座談会(5)”. WEBアニメスタイル. 2016年10月12日閲覧。
  6. ^ 講師紹介-プロ養成コース-スクール|京都アニメーションHP”. 京都アニメーション. 2017年11月6日閲覧。