坂本(さかもと)は、埼玉県秩父郡東秩父村大字[4]郵便番号は355-0372(小川郵便局管区)[2]

坂本
県道三沢坂本線(彩の国ふれあい牧場付近)
県道三沢坂本線(彩の国ふれあい牧場付近)
坂本の位置(埼玉県内)
坂本
坂本
坂本の位置
北緯36度3分22.95秒 東経139度10分43.74秒 / 北緯36.0563750度 東経139.1788167度 / 36.0563750; 139.1788167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
秩父郡
市町村 東秩父村
地区 槻川地区
標高
178 m
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)[1]
 • 合計 492人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
355-0372[2]
市外局番 0493[3]
ナンバープレート 熊谷
※座標は東秩父村立西小学校付近、標高は坂本グラウンド付近のもの

地理編集

東秩父村北西部に位置する[4]。北で大内沢大里郡寄居町西ノ入と、東で奥沢と、南東で御堂と、南で皆谷と、 西で 皆野町三沢と隣接する。小字として坂本・内手・新井・大平・栗和田・北貝戸・落合・柴・和知場・上の山が挙げられる。西部を貫流する槻川に沿って県道11号線が縦貫する[4]。県道沿い及び槻川の西側斜面に民家の散在する山村であり、村天然記念物のタラヨウジュヤマザクラ大欅がみられる[4]

河川編集

歴史編集

古くは平安時代に成立した[5]玉川領武光荘に属したと言われる[4][6]江戸期初めは天領だったが文化9年(1812年)より旗本菅谷氏・旗本森本氏の相給となる[4]。『武蔵国郡村誌』によればこの時期に上坂本村・下坂本村に分村し明治2年(1869年)に再び合併したとされるが、郷帳類では一貫して一村とされる。『武蔵田園簿』によれば村高は131石余、他に紙舟役450文、「元禄郷帳」では249石余、「天保郷帳」では298石余[4]。『旧高旧領取調帳』では吉田吉左衛門知行として293石余が、他に八幡社領として5石余が計上されている。 坂本村は分水嶺の東側にあるが秩父郡の郡管に属する外秩父十五ヶ村のひとつに数えられている[7]江戸時代には毎月27日に市が立ち、和紙の原料である楮皮が売買された[7]明治時代に入って1884年明治17年)には連合戸長役場制により、坂本村は皆谷村白石村大内沢村と共に秩父郡坂本村連合戸長役場区域に属した[8]。後の1889年明治22年)4月1日町村制施行に伴いこの秩父郡坂本村連合戸長役場区域の4ヶ村は合併して槻川村となり坂本村は槻川村の大字坂本となった[4]。戦後の1956年昭和31年)には槻川村が大河原村と合併し東秩父村を新設、東秩父村の大字となった[4]。明治26年の凍霜害をはじめ、たびたび凍霜害・雹害を受けている。

地名の由来編集

地内西部の皆新田峠[注釈 1]に繋がる坂の下に由来する[4][6]

沿革編集

世帯数と人口編集

2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
坂本 183世帯 492人

交通編集

鉄道編集

地内に鉄道は引かれていない。下記バス路線を使って小川町駅及び寄居駅が利用できる。

バス編集

道路編集

施設編集

  • 東秩父村立西小学校
  • 槻川郵便局
  • 小川警察署槻川駐在所 - 東秩父村のうち大字大内沢・皆谷・坂本・白石を担当とする[10]
  • 東秩父村保健センター
  • ふれあいセンター槻川
  • 新井区集落センター
  • 内手センター
  • 柴コミュニティセンター
  • 栗和田農村センター
  • 上之山集会場
  • JA埼玉中央槻川出張所
  • 普門寺 - 新義真言宗の寺院[4]
  • 永泉寺 - 臨済宗妙心寺派の寺院[4]
  • 光蔵寺 - 天台宗の寺院。
  • 准胝観世音
  • 坂本山王神社
  • 月枝神社
  • 八王子神社
  • 天理教堂平分教会
  • 坂本グラウンド
  • 埼玉県秩父高原牧場 - 1973年(昭和48年)に開設された県営の牧場[11]。埼玉県農林部の管轄[11]
    • 彩の国ふれあい牧場 - 秩父高原牧場内の一部(約7ha)を一般に公開する観光牧場[11]

廃止された施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ かゆにたとうげ。粥新田峠・粥熱田峠とも書かれる。[9]

出典編集

  1. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat)”. 総務省統計局 (2017年5月30日). 2017年9月10日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1987年7月再版、P400、PP1320-1323。
  5. ^ 西村敏也『秩父武甲山に関する一考察─狼信仰とヤマトタケルの由緒─』、武蔵大学総合研究所「武蔵大学総合研究所紀要 (19)」所収、PP207-224、2009年 PDF、2011-08-05閲覧。
  6. ^ a b 新編武蔵風土記稿 坂本村.
  7. ^ a b 吉田東伍『増補大日本地名辞書 第六巻 坂東』冨山房、1970年6月増補(1903年10月初版)PP470-472。
  8. ^ 埼玉新聞社『埼玉大百科事典 第3巻』、埼玉新聞社、1974年11月、P398。
  9. ^ 角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1987年7月再版、P400。
  10. ^ 小川警察署管内交番案内-埼玉県警察小川警察署、2013-11-12閲覧。
  11. ^ a b c 秩父高原牧場の地理と歴史-埼玉県ホームページ、2011-08-04閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集