メインメニューを開く

塩野 真人(しおの まさと、1986年4月30日 - )は、日本卓球選手

塩野 真人 Table tennis pictogram.svg
基本情報
よみがな しおの まさと
ラテン語表記 Masato Shiono
生年月日 (1986-04-30) 1986年4月30日(33歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県入間市
選手情報
世界ランキング 最高23位(2014年6月)
段級位 5段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット デフプレイセンゾー-ST
フォア面ラバー ブルーファイアJP01
バック面ラバー カールP-4 ソフト
ウェア コットン・オービット
戦型 裏粒カット主戦型
ITTFサイト ITTFプロフィール
経歴
学歴 早稲田大学
代表 日本の旗 日本代表 2014
ITTFワールドツアー戦歴
生涯成績 96試合 62勝 勝率65%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 1
初-最終出場 2014
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
世界卓球選手権
2014 東京 男子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

人物編集

1986年4月30日埼玉県入間市出身[1]。卓球は小学校5年の時に始めた[2]入間市立豊岡中学校狭山ヶ丘高等学校と進む。高等学校時代には2004年の全国高等学校総合体育大会島根県)男子団体3位、2004年第2回世界ジュニア卓球選手権神戸市)では日本代表として出場して男子シングルスベスト16の成績を挙げた[2]

高等学校卒業後は早稲田大学スポーツ科学部へ進学。早稲田大学時代には全日本学生選手権大会や関東学生リーグ戦などの公式戦で主力選手として出場、大学4年次には主将を務めた[3]

早稲田大学卒業後は東京アートへ入社、同社卓球部所属としてプレー。2013年のジャパンオープン・荻村杯国際卓球選手権大会では当時世界ランク188位、自費参加という立場ながら男子シングルスに出場し、荘智淵(台湾)、松平健太丹羽孝希に勝って決勝戦に勝ち上がり、決勝戦では徐晨皓中華人民共和国)に4-0で勝ってITTFワールドツアー初優勝を果たす[4][5]。2013年8月のチェコオープン(チェコ)男子シングルスではカルロス・マチャドスペイン)に4-0で勝ち、ワールドツアー2勝目を挙げた[6]

2014年第52回世界卓球選手権団体戦(日本・東京都)で自身初となる日本代表に選出され[7]、4大会連続となる男子団体の銅メダルを獲得した[8]

2017年1月の全日本選手権を最後に引退を発表し[9]、シングルス、男子ダブルスに出場、シングルス、村松雄斗と組んだ男子ダブルスともに5回戦で敗退して現役を終えた。

主な戦績編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 世界卓球男子予選 入間ケーブルテレビ Twitter 2014年4月28日
  2. ^ a b 選手データ:塩野真人 卓球王国WEB
  3. ^ 関東学生リーグ選手権大会直前 塩野真人主将 インタビュー WASEDA WillWin 2008年4月23日
  4. ^ 荻村杯ジャパンオープン(横浜) テレビ東京卓球総合ページ
  5. ^ 遅咲きのカットマン塩野、驚きのV デイリースポーツ 2013年6月24日閲覧
  6. ^ チェコオープン(2013.8.21-25、オロモウツ) 日本卓球協会
  7. ^ 代表に森・塩野ら選出 4月の卓球世界選手権団体戦 朝日新聞 2014年1月21日閲覧
  8. ^ 卓球男子代表、松平と塩野が世界卓球を振り返る! - JSports、2017年9月2日閲覧
  9. ^ 塩野真人選手、来年1月の全日本選手権での引退を表明 - 卓球王国WEB、2017年9月2日閲覧

外部リンク編集