メインメニューを開く

増本豊

増本 豊(ますもと ゆたか、1946年4月22日 - 2013年11月5日)は、日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師。父は増本勇(元調教師)、叔父は有限会社増本牧場の代表者である増本一男、義兄弟に瀬戸口勉(元調教師)がいる。

増本豊
Yutaka-Masumoto20100919.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府(出生地は北海道
生年月日 (1946-04-22) 1946年4月22日
死没 (2013-11-05) 2013年11月5日(67歳没)
所属団体 JRA
初免許年 1976年(1978年開業)
引退日 2013年11月5日(死去による)
G1級勝利 5勝(平地1勝、障害4勝)
経歴
所属 増本勇/厩務員(1969年 - 1970年)
増本勇/調教助手(1970年 - 開業)
栗東T.C.(開業 - 2013年)
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1969年京都競馬場増本勇厩舎所属の厩務員となる。

1970年、同厩舎の調教助手となる。

1976年、調教師免許を取得する。

1978年、厩舎を開業し、3月11日に管理馬が初出走し、パールキャプテンが7着となり、7月2日にライトシーダーが勝利し、のべ11戦目で管理馬が初勝利を挙げた。

1981年、日本中央競馬会の厩舎関係者表彰において調教技術賞(2012年現在の優秀調教師賞)を初受賞する。

1985年2月3日中京記念をパワーシーダーが制し、管理馬が重賞初勝利を挙げた。

1999年5月2日新潟県競馬組合主催の新潟競馬にて地方競馬への初出走を果たし、同日に初勝利を挙げた。5月23日には高松宮記念マサラッキが制し、管理馬がGI初勝利を挙げた。

2000年5月13日に中央通算400勝を達成した。

2001年9月5日さきたま杯をゲイリーイグリットが制し、管理馬がダートグレード競走初勝利を挙げた。

2008年4月19日、第10回中山グランドジャンプマルカラスカルが優勝し、12月27日に中山大障害をキングジョイが優勝したため、同一年障害GI競走優勝を果たした。

2013年11月5日、病気のため滋賀県内の病院で死去[1]。67歳没。

調教師成績編集

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1978年3月11日 - パールキャプテン - - 7着
初勝利 1978年7月2日 - ライトシーダー - - 1着
重賞初出走 1978年3月19日 阪神4歳牝馬特別 マスファミリー 14頭 10 12着
重賞初勝利 1985年2月3日 中京記念 パワーシーダー 16頭 4 1着
GI初出走 1978年4月29日 天皇賞(春) ヒシノプルーム 16頭 12 13着
GI初勝利 1999年5月23日 高松宮記念 マサラッキ 16頭 8 1着

おもな管理馬編集

表彰編集

主な厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 飯田雄三(1977年-2000年 調教助手)
  • 鮫島一歩(1979年-1999年 調教助手)
  • 小原義之(1990年-1993年 騎手)
  • 荻野要(1998年-2001年 騎手)

関連項目編集

脚注編集