壱岐要塞(いきようさい)とは、対馬要塞と共に対馬海峡の防備のため設置された大日本帝国陸軍要塞である。

概要編集

対馬海峡、壱岐海峡の防備のため1924年10月から工事が開始され、1938年12月までに全ての砲台が竣工した。

的山大島砲台は戦艦鹿島」の主砲塔(陸軍での名称は砲塔四五口径三〇糎加農砲)[1]を、黒崎砲台は未成巡洋戦艦赤城」(空母「赤城」に改装)の主砲塔(同、砲塔四五口径四〇糎加農[2]を設置した砲塔砲台であり、水上艦船への対処を目的としていた。また、おもに潜水艦の浮上襲撃への対処を目的として名烏島・小呂島・渡良大島の各砲台には四五式十五糎加農砲[3]、生月砲台には九六式十五糎加農砲[4]設置された。

壱岐島渡良大島地区には、陸軍の海岸要塞としては唯一の水中聴音機を有する水中観測所が設置されていた[5]

年譜編集

  • 1924年(大正13年)10月 的山大島砲台着工
  • 1926年(大正15年)8月1日 壱岐要塞司令部設置
  • 1928年(昭和3年)8月 黒崎砲台着工
  • 1929年(昭和4年)1月 的山大島砲台竣工
  • 1933年(昭和8年)2月 黒崎砲台竣工
  • 1934年(昭和9年)2月 若宮島砲台着工
    • 7月 名烏島砲台着工
  • 1935年(昭和10年)4月 小呂島砲台着工
  • 1936年(昭和11年)8月 渡良大島砲台着工
    • 12月 若宮島砲台竣工
  • 1937年(昭和12年)3月 名烏島砲台・小呂島砲台竣工
    • 7月 生月砲台着工
    • 12月 渡良大島砲台竣工
  • 1938年(昭和13年)12月 生月砲台竣工

主要な施設編集

 
黒崎砲台跡
的山大島
  • 的山大島砲台
壱岐
小呂島
  • 小呂島砲台
生月島
  • 生月砲台
平戸島
  • 平戸砲台(佐世保軍港防備のための砲台であるが生月砲台と隣接しているため壱岐要塞に編入)

歴代司令官編集

  • 松井喬 大佐:1926年8月1日 -
  • 三宅雄一 大佐:1928年8月10日 -
  • 萩原勝千代 大佐:1929年3月16日 -
  • 井原斉 大佐:1930年8月1日 -
  • 高橋政蔵 中佐:1932年4月11日 -
  • 井原斉 歩兵大佐:1933年8月1日[6] -
  • 福島和吉郎 大佐:1934年8月1日 -
  • 手塚省三 少将:1936年8月1日 -
  • 根上清太郎 少将:1937年8月2日 -
  • 榎本宮 少将:1939年3月9日 -
  • 村治敏男 少将:1940年12月2日 -
  • 三島義一郎 少将:1942年6月26日 -
  • 千知波幸治 少将:1944年2月14日 -

脚注編集

  1. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.511-548
  2. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』pp.567-577
  3. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』p.292
  4. ^ 『日本陸軍の火砲 要塞砲』p.381
  5. ^ 歴史群像シリーズ 『日本の要塞 - 忘れられた帝国の城塞』p.123
  6. ^ 『官報』第1976号、昭和8年8月2日。

参考文献編集

  • 浄法寺朝美 『日本築城史 - 近代の沿岸築城と要塞』 原書房、1971年。
  • 歴史群像シリーズ 『日本の要塞 - 忘れられた帝国の城塞』 学習研究社、2003年。
  • 佐山二郎 『日本陸軍の火砲 要塞砲』 光人社NF文庫、2011年。
  • 外山操・森松俊夫編著 『帝国陸軍編制総覧』 芙蓉書房出版、1987年。

関連項目編集