メインメニューを開く
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
東京都道319号標識
外苑東通り(六本木付近)

外苑東通り(がいえんひがしどおり)は、東京都新宿区早稲田鶴巻町交差点(新目白通り交点)から、東京都港区麻布台飯倉交差点(国道1号交点)に至る道路の通称である。

目次

概要編集

全線が東京都道319号環状三号線に属しており、神宮外苑の東側を通ることから、「外苑東通り」と命名された。

港区青山一丁目交差点(国道246号交点)の南側で、環状三号線支線に接続する。新宿区弁天町から新宿区市谷仲之町の間にかけては片側一車線であり、渋滞が激しいため、拡幅事業中である。

東京都は2012年平成24年)2月、外苑東通りのうち、港区南青山から六本木に至る約1kmの区間について、それまでの幅員18メートルから25メートルに拡幅することを発表した[1]。計画によると現行の車道4車線を広げ、両側の歩道も4メートル幅に拡幅、さらに電線類地中化街路樹の植栽を実施される[1]。この計画の事業費は約206億円で、2017年平成29年)度までの完成が予定されている[1]

区間編集

東京都では、さらに港区海岸に至るまでの区間を「外苑東通り」と称している場合もある[1]

近接する主な路線・駅編集

関連項目編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 六本木交差点の渋滞緩和へ 外苑東通り、一部拡張 都、17年度までに完成 『日本経済新聞』 平成24年2月21日朝刊東京・首都圏経済面