メインメニューを開く

多羅間 俊彦(たらま としひこ、1929年3月24日 - 2015年4月15日)は、日本の元皇族日系ブラジル人。旧名、俊彦王(としひこおう)。明治天皇の孫。

俊彦王
東久邇宮
続柄 東久邇宮稔彦王第四王子
身位 臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
出生 1929年3月24日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 (2015-04-15) 2015年4月15日(86歳没)
ブラジルの旗 ブラジルサンパウロ
配偶者 多羅間勝子
子女 多羅間稔彦
Alberto Tarama
父親 東久邇宮稔彦王
多羅間鉄輔(養父)
母親 王妃聡子内親王
多羅間キヌ(養母)
テンプレートを表示

人物・来歴編集

東久邇宮稔彦王同妃聡子内親王の第四王子として生まれる。

学習院に学び、陸軍予科士官学校へ進むが、在校中に太平洋戦争大東亜戦争)敗戦を迎える(61期、陸士最後の期)。

戦後の1947年10月、旧皇族らの皇籍離脱時に皇籍離脱した。後に当人は「皇籍を剥奪されても、特に何も感じませんでした。これでようやく身軽になれると思いました」[1]と語っている。

その後、長年ブラジルで暮らした外交官多羅間鉄輔未亡人 多羅間キヌの養子となり、1951年にブラジルに移住[2][3]。キヌが所有していたサンパウロ郊外のリンスコーヒー園を10年間ほど経営したのち、サンパウロに移り、ブラジル日本文化福祉協会理事会の副会長を務めるなど日系ブラジル人社会の中で活躍した。沖縄県出身の移民の資産家の娘と結婚し、1男を授かった後、1970年にブラジルに帰化した[1]

ブラジル移住後も、皇室及び東久邇家との関係は深かった。三笠宮崇仁親王とは年賀状の遣り取りをする間柄であった。敬宮愛子内親王悠仁親王の誕生の際には 現地祝賀会で祝辞を述べ、高円宮憲仁親王薨去の際には 東久邇信彦を通じて弔意を伝えた。

同じ学習院出身だった作家の三島由紀夫とも親交があり、三島が1952年(昭和27年)に初の世界一周旅行でブラジルのリンスを訪れた際は、多羅間の農園に滞在した(三島の紀行記『アポロの杯』参照)[4]

2008年6月、日本人ブラジル移住100周年記念式典出席のため訪伯した皇太子徳仁親王が、イビラプエラ公園内の日本館と開拓先没者慰霊碑を訪れた際、案内役の一人として出迎えた。

2015年4月15日、心臓発作のため、ブラジルサンパウロの自宅で逝去[1][3]。86歳没。

栄典編集

家族編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ a b c ブラジルでひっそりと逝った「明治天皇の孫」”. 週刊新潮・矢来町ぐるり. 新潮社 (2015年4月30日). 2015年4月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 多羅間鉄輔サンパウロ人文科学研究所
  3. ^ a b ■訃報■多羅間〃殿下〃亡くなる=皇籍離脱した明治天皇の孫 ニッケイ新聞 2015年4月17日
  4. ^ 三島由紀夫アポロの杯』(朝日新聞社、1952年)。『決定版 三島由紀夫全集第27巻・評論2』(新潮社、2003年)所収。
  5. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  6. ^ 花城清安琉球文化アーカイブ、沖縄県立総合教育センター
  7. ^ 『蒼氓の92年: ブラジル移民の記録』内山勝男、東京新聞出版局, 2001, p146

関連項目編集