東久邇宮

日本の宮家のひとつ

東久邇宮(ひがしくにのみや)は、明治時代後期に久邇宮朝彦親王の第9子である稔彦王が創立した宮家。後継には恵まれたが、1947年(昭和22年)GHQの指令により10月14日皇籍離脱。よって一代限りの宮家となった。明治天皇第9皇女の聡子内親王及び昭和天皇第1皇女の成子内親王が嫁したことにより、女系でも現在の皇室と極めて近い血縁関係にあるため、皇位継承問題でたびたび注目され、旧皇族の中では露出度が高い。

東久邇宮家
家紋
東久邇宮紋章ひがしくにのみやもんしょう
家祖 東久邇宮稔彦王
久邇宮朝彦親王の第9王子)
種別 皇族宮家
出身地 東京府
主な根拠地 東京府東京市芝区高輪南
(現:東京都港区高輪
著名な人物 東久邇宮稔彦王
支流、分家 粟田家(華族侯爵))
凡例 / Category:日本の氏族

宮家構成員一覧編集

東久邇宮稔彦王と妃聡子内親王は4人の男子をもうけた。

  • 盛厚王(1916年5月6日 - 1969年2月1日) - 昭和天皇の第1皇女である成子内親王と結婚。以下の1男1女及び皇籍離脱後に基博(前名:秀彦。壬生家養子)・眞彦優子の5人の子供が生まれた。1961年(昭和36年)に東久邇成子が死去すると、その後盛厚は寺尾佳子と再婚し、厚彦(寺尾家養子)・盛彦の2男をもうけた。1969年(昭和44年)に肺癌のため逝去した。
  • 信彦王(1945年3月10日 - 2019年3月20日) - 信彦の息子には東久邇征彦(1973年4月3日 - )がいる。
  • 文子女王

系図編集

 
(20/23)伏見宮邦家親王
 
(1)山階宮晃親王
 
(2)山階宮菊麿王[注釈 1]
 
(3)山階宮武彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)梨本宮守脩親王
 
 
(1)久邇宮朝彦親王
 
(1)賀陽宮邦憲王
 
(2)賀陽宮恒憲王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)久邇宮邦彦王
 
(3)久邇宮朝融王
 
 
 
 
 
 
 
(3)梨本宮守正王
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
第125代天皇明仁
 
 
 
 
 
(21)伏見宮貞教親王
 
 
(1)朝香宮鳩彦王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(1)東久邇宮稔彦王
 

明治天皇系・昭和天皇系編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
(1852-1912)
在位
1867-1912
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇
(1879-1926)
在位
1912-1926
竹田宮恒久王
(1882-1919)
 
昌子内親王
(1888-1940)
北白川宮成久王
(1887-1923)
 
房子内親王
(1890-1974)
朝香宮鳩彦王
(1887-1981)
 
允子内親王
(1891-1933)
東久邇宮稔彦王
(1887-1990)
 
聡子内親王
(1896-1978)
昭和天皇
(1901-1989)
在位
1926-1989
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
(1901-1989)
在位
1926-1989
竹田恒徳
(1909-1992)
永久王
(1910-1940)
朝香孚彦
(1912-1994)
盛厚王
(1916-1969)
 
成子内親王
(1925-1961)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上皇
明仁

(1933-)
在位
1989-2019
 
竹田恒正
(1940-)
 
 
 
 
 
北白川道久
(1937-2018)
 
 
 
朝香誠彦
(1943-)
東久邇信彦
(1945-2019)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
徳仁

(1960-)
在位
2019-
 
 
竹田家
 
 
 
 
(男系断絶)
 
 
 
 
朝香家東久邇家


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 梨本宮2代目

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、東久邇宮に関するカテゴリがあります。